森夏「富樫君が赤ちゃんになった!?」勇太「あぶ~~~~~~」

ここでは、「森夏「富樫君が赤ちゃんになった!?」勇太「あぶ~~~~~~」 」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 23:11:42.37 :9eg1coqm0


勇太「うぇぇぇぇん」

六花「ど、どうしようダークフレイムマスターが・・・」オロオロ

凸守「ま、マスター落ち着くDeath!取りあえず泣きやませなければ!」

凸守「ほ~れ、ミョルニョルハンマーデースよ~」フリフリ

勇太「うぇぇええええええええん!!」

凸守「逆効果デス・・・」

森夏「も~一体なんの騒ぎよ、凄く大きな泣き声が外まで部室の外まで聞こえてたわよ」ガラガラ

森夏「な、なにこの赤ん坊は!?」

凸守・六花(まずい・・・)

森夏「しかも、床に富樫くんの制服が散らばってる・・・なんで・・・」

凸守「こ、これはデ~スね、つまり・・・」

六花「丹生谷、信じられないと思うが、これは勇太」
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 23:16:08.21 :9eg1coqm0


森夏「え・・・?と、富樫くん!?この赤ちゃんが!?」

六花「そう・・・ダークフレイムマスターは自らを幼児の状態に戻し魔力回復を~」

森夏「そういう設定はいいから!ほんとのこと言いなさい!」

六花「あぅ・・・この子は本当に勇太」

森夏「たしかにさっきから、富樫くんの姿が見当たらないし、制服が散らばってるけど・・・でも信じられないわよ!」

六花、勇太を抱きあげる

六花「この手の甲の刻印が証拠」

森夏「ほんとうだ・・・この子の手にいつも小鳥遊さんが富樫君に書いてる魔法陣が・・・でもこれだけじゃやっぱり」

六花「そしてこれが決定的証拠」ピラ

森夏「この写真は?」

六花「勇太の赤ちゃんのころの写真、この前勇太の部屋で手に入れた」

森夏「ほ、ほんとなの・・・」

六花「信じてほしい、これは事実」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 23:21:06.64 :9eg1coqm0


森夏(どうやら、本当みたいね。でもこの二人さっきからなんでソワソワしてるのかしら。焦っている?)

森夏「・・・分かった。でもなんで富樫君が赤ちゃんに?」

六花「っ!・・・そ、それは」

凸守「わ、我々が到着したときには既にダークフレイムマスターがこの姿になっていたデス!」

六花(凸守ナイス!)

凸守(当然デース)


六花「そう、だから私達も突然の出来事に酷く混乱している」




11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 23:28:30.11 :9eg1coqm0


森夏「そうなの・・・困ったわね、なんとかして元に戻す方法を考えないとね」


勇太「うええええええええええええええん」

森夏「それにしても泣き声が酷いわね。あやさないと」


六花「私がなんとかする。ほ~れ邪王真眼」

勇太「うええええええん!!!」

六花「効かない・・・だと!」

凸守「マスター!こういうときは抱っこデス!私が泣きやませるデス!」

凸守、勇太を抱く

凸守「ダッコーは強力な回復魔法デース!すぐにDFMも回復しまーす」ユサユサ

勇太「う・・・う」

凸守(ほっ・・・これでなんとか・・・)



勇太「うええええええええええええええええん!!アババアババアババ」オドルアカチャンニンゲン


凸守「なぜデースか!!!」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 23:39:14.30 :9eg1coqm0


六花「わ、私がやってみる」ダキッ

六花「勇太・・・泣きやんで、ダークフレイムマスターは泣いてはダメ」ユサユサ

勇太「う・・・・・・うぅ・・・」

勇太「・・・・・・」

六花・凸守・森夏(お、泣きやんだか)

数分後

勇太「うわーーーんうぇぇええ」

六花「あぅ・・・」

森夏「もう、私に貸しなさい。ほ~ら富樫くんいい子だから泣きやもうね~」

勇太「」ピタ

凸守「な、速攻!?偽サマー、どんな速攻魔法を使ったデスか!?」

森夏「知らないわよ。アンタ達が下手なのよ」




18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/25(火) 23:42:13.95 :9eg1coqm0


勇太「あ~う~~!」


六花「しかもなんか喜んでる・・・」

くみん「赤ちゃんはおっぱいが大好きだもんね~」Zzzz

森夏「!?な、何言ってんのよアンタ! っていうか居たのね!?」

くみん「さっきからずっといるよ~」Zzzz



凸守・六花(おっぱい・・・)

凸守・六花(ダークフレイムマスター、元に戻ったらしめる)




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:06:34.02 :0S2yGpGa0




一色「勇太が赤ん坊に!?」



森夏「そうなのよ・・・・・・」

くみん「モリサマちゃんが抱っこしてないの富樫君泣いちゃうんだよ~」

一色「う、勇太。羨ましいことを~~」

森夏「なに赤ん坊に嫉妬してるのよ!」

一色「赤ん坊とはいえ勇太だぞ!」

勇太「う・・・う・・・・・・」

森夏「ほら、アンタが馬鹿なこと言うから泣きそうになってるじゃない!
ほ~ら富樫君よしよし」

勇太「あう~」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:10:53.92 :0S2yGpGa0


一色「まぁいいや、飯にしようぜ」

六花「うむ、魔力の補給が必要」

凸守「食べるデース」

勇太「・・・」ぐぅぅ

六花「勇太、どうしたの」

勇太「うぇぇぇ・・・」

一色「ぐずり始めたな、腹減ってんじゃないのか?」

森夏「え、どうしよう。まだ赤ちゃんお弁当食べさせるわけにも・・・」

勇太「あ、あああ」ペチペチ

勇太、森夏の胸を叩く

森夏「え///ちょっと、え///」

一色「おっぱい飲みたいんじゃね?」ニヤニヤ

森夏「一色、アンタ後で殴る!」




36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:21:17.51 :0S2yGpGa0


一色「ご、ごめんなさ~い!」

凸守「でも・・・どうするデスか?」

森夏「ど、どうするって言われても・・・だ、大体でないわよ!私!」

勇太「ううぅぅぅぅぅ」


森夏「一色!アンタ、ミルク買ってきなさい薬局で!」


一色「なんで俺が~!」

森夏「行かないとくみん先輩に『女子に履いてほしい下着の色ランキング』つけてたこと言いつけるわよ」ぼそっ

一色「い、行かせていただきます!!」


ガララ!




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:25:06.57 :lhpyCejf0

わいせつ坊主め




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:26:21.45 :0S2yGpGa0


勇太「うわぁぁぁ~~~ん」

森夏「ど、どうしよ抱っこじゃ泣きやまない。一色が戻ってくるまで時間かかりそうだし」

六花「おっぱい・・・」

凸守「乳デ~スか」

森夏「ほ、本気で言ってるのアンタ達」

くみん「仕方ないね~」Zzzz

森夏「・・・しょうがないわね」




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:26:56.07 :DwG1rL0G0

ガタッ




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:33:38.96 :0S2yGpGa0


森夏「中房!アンタ、一色が入ってこないように外で見張ってなさい!」

凸守「凸守に命令するのですか!?いやです!」

森夏「行きなさい!」

六花「凸守、お願い」

凸守「ま、マスターが言うなら・・・仕方ないですね」


森夏「じゃ、じゃああげるわよ・・・」

ブレザーを脱ぎ、ワイシャツを脱ぎ、ブラジャーだけになる森夏

六花「お、大きい・・・」

六花「それに比べ私は・・・あぅ・・」ペターン

森夏(ブラだけ外してワイシャツは羽織っておこう)

森夏「ほ・・・ほら富樫君」




58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:48:15.34 :0S2yGpGa0


勇太「う~~!」キャキャ



勇太「じゅぱちゅぱちゅぱ」

森夏「ん・・・あっ」

勇太「チュパチュパピュパ」


森夏「あ、ちょっとダメ・・・くすぐったいてば・・・ん」

チュパチュペ

森夏「ぁ・・・やっ、ん・・・」

六花「丹生谷、平気?」

森夏「へ、平気よ・・ちょっとだけくすぐったくて。なんか胸の先が湿っぽくな・・って・・ん」



森夏(なんかボーっとする)




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:51:43.69 :0S2yGpGa0


森夏(なんか変な気分・・・)


森夏「はぁ、ぁ・・・」

六花「勇太、美味しい?」

森夏「はぁ・・・でてないんだから、美味し・・いもなにもないでしょ・・・」


くみん「おしゃぶりだね~」Zzz




66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 00:55:19.67 :0S2yGpGa0


しばらくして

六花「勇太は大分落ち着いた様子」

森夏「そうね、もういいわよね。服着るわ」

一色「お~い買ってきたぞー入っていいか~?」

六花「うむ、入室を許可する」

一色「よくわかんないけど、粉ミルクでいいんだよな?」

森夏「ええ」




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:01:08.15 :0S2yGpGa0


一時間後

くみん「富樫くんお腹いっぱいになったら寝ちゃったね。私も寝ちゃおうかな~」

森夏「アンタさっきも寝てたのにまだ寝れるの・・・」

くみん「うん大丈夫~。富樫くん一緒に寝よ~」

くみん「赤ちゃんってかわいいね~」

一色「く、くみん先輩と一緒の布団で寝るなんて・・・あ、ああああ」

森夏「だからなんでアンタは赤ん坊に嫉妬してんのよ・・・」

森夏「まぁいいわ。つかれた・・・ちょっと自販機で紅茶でも買ってくるわね・・・」

一色「おう、いってこい」

凸守「マスター、ちょっと話が」ボソッ

六花「うむ、私も丁度いまそう思ってたところ。ここじゃまずい場所を変えよう」ボソリ

凸守「了解デース」




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:10:36.35 :0S2yGpGa0


別の教室

六花「さて、話のことだが・・・」

凸守「ええ、まさか本当にあの本に書いてある黒魔術が成功するなんて!」

六花「凸守、私はいま本当に興奮を隠せない・・・私達が求めている不可視境界線に繋がる希望が見つかった」

凸守「マスター!私もデース!」キラキラ

六花「魔導書が返却され次第、奪取に向かう」

凸守「了解です!!」

六花「ふふふ・・・疼く、この眼が・・・眼がぁぁ」

森夏「あら、眼薬あるわよ」

六花「かたじけない・・・」

六花「って・・・ん?」

森夏「面白そうな話してるじゃない~?詳しく聞かせてもらいたいな~」

凸守・六花(やばーーーい!!)




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:19:15.52 :0S2yGpGa0


凸森「あ、いや、いやデスね~なんも疾しいことなんてないデスよ~?」

六花「そ、そう。なんでもない」

森夏「隠しても無駄よ、そういうのは私には効かないわ」

凸森「く、ニセサマが調子に乗るなデース!!」

凸森「爆ぜろリアル!弾けろシナプス!バニッシュメントディスワールド!!」

森夏「ふざけない!」パシッデコピン

凸森「うぅぅ、痛いデ~ス凸森にその技は反則デース」

六花「し、仕方ないこれは丹生谷にも話すしか・・・もはやここまで来たら隠し通すことは不可能」

凸森「マスターがそうおっしゃるなら・・・」




80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:26:55.56 :0S2yGpGa0


森夏「図書館で借りた魔本!?」

六花「そう・・・あれは先週、不可視境界線探索のため凸守と街へ出ていた時」

凸守「たまたま立ち寄った図書館古ぼけた本を見つけたのデース」

六花「本の題名は『実用黒魔術』正直最初は眉唾ものだと思っていた」

六花「簡単に実行できる魔術のページだけをプリントアウトしてその日すぐに図書館に返却した」

六花「その魔術、時戻しの術。それ勇太にかけた」

凸守「それが見事に成功したのデース!!我々の力デース!」

森夏「うそ、でしょ・・・信じられない・・・魔法なんてそんな中二病てきな・・・」

六花「しかし事実勇太の体は赤子まで戻ってしまった。これは変えられえない事実」

森夏「・・・でもなら直す方法も書いてあるはずよね、その本に」

六花「さっきも言った通り、今は返却してしまったので手元にない状態
実は今朝、再び借りに行ったのだが貸出中で返却されるのが明日らしい」

森夏「え、ちょっとどうするのよ!」




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:38:29.01 :0S2yGpGa0


そのころ

勇太「あぶぅ~」

くみん「ご機嫌だね~、富樫くん」

一色(く、くみん先輩の胸に顔をうずくめてる・・・)

くみん「あっ・・くすぐったいよ~」

勇太「」キャッキャ

一色「も、もうこんな光景みたくないぃぃ~」ダダダダダダ

くみん「あ、一色君どこいくの~」




91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:43:12.41 :0S2yGpGa0


森夏「ただいま、あれ?あの馬鹿は」


くみん「どっか行っちゃったみたい~」

勇太「あ、あー!」

くみん「モリサマちゃん抱っこだって、はい」

森夏「まったく、仕方ないわね」

勇太「う~!」

くみん「やっぱりモリサマちゃんに抱っこされるのが一番落ち着くんだね~」

六花・凸守「うぅ・・・凄く怒られた」

くみん「二人とも大丈夫~?」




六花「丹生谷は怒ると怖い、その潜在能力はプリーステスと同等・・・」




94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:46:22.72 :0S2yGpGa0


夕方



森夏「もうすっかり暗くなっちゃったわね」

くみん「そうだね~、帰って寝ようかなぁ」

凸守「私も、帰還するデス!」

森夏「・・・ちょ、ちょっと待って」

六花・凸守・くみん「???」

森夏「富樫くん・・・どうするのよ」

六花・凸守・くみん「あっ・・・!」

森夏「さ、さすがにこの状態で家に帰すのはまずいわよね・・・」

六花「うむ、それは危険・・・勇太のママや妹たちになんと説明すればいいか・・・」




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:52:35.95 :0S2yGpGa0


森夏「だからって、この状態で学校に置いていくわけにもいかないでしょ・・・」

六花「ど、どうしたものか・・・私の家で面倒をみたいのだがプリーステスがいる以上。かなり危険なミッションになる」

くみん「私の家も・・・ごめんね富樫くん」

凸守「ふむ・・・なら我が家で・・・」



勇太「うわああああああん」




凸守「い、嫌なのデスか!?胸なのデスか!?」

森夏(仕方ないわよね・・・)

森夏「分かった。富樫くんは今日は私の家に連れて帰るわ。今日は両親いないから」

六花「丹生谷・・・!かたじけない」

森夏「しょうがないでしょ。それに私じゃなきゃすぐ泣いちゃうと思うし」




102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 01:59:46.85 :0S2yGpGa0


凸守「ニセサマ・・・一人で大丈夫デスか・・・?」


森夏「赤ん坊、一人くらいの面倒ならどうってことないわよ」


凸守「こうなったのは私達にも責任があるデス、困ったら連絡するデス」

森夏(こいつらなりに責任感じてるのね)

森夏「そうね、夜中だろうと連絡してやるわ」



凸守「・・・!ばっちこいデス!」




103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:03:55.80 :0S2yGpGa0


六花「勇太の家族には私から言っておく。勇太は一色の家に泊まるという設定にしておく」

森夏「頼んだわよ」

六花「任せて。邪王真眼は最強」

森夏「さて、じゃあ帰りますか」

勇太「あぶ~~」

六花「丹生谷には勇太を抱いてないといけない、荷物は私が持つから丹生谷の家までついていく」

凸守「凸守も持つデス!」

森夏「ありがと、それじゃ行きましょう」




109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:11:37.08 :0S2yGpGa0


丹生谷家


六花「それじゃあまた明日」

凸守「さらばデス!」

森夏「うん、じゃあね」

バタン

森夏「さて・・・どうしたものか」

森夏「お腹すいた・・・取りあえず今日は簡単なもので済ませちゃおうかな」

勇太「Zzzz」



森夏「寝ちゃってる・・・取りあえず私の部屋のベッドで寝かせておこうか・・・」




117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:18:37.68 :0S2yGpGa0


台所

森夏(でも・・・富樫くんが赤ちゃんになっちゃうなんて)トントントントン

森夏(正直・・・子守とか嫌いじゃないのよね)トントン

森夏(むしろ私の性にあってるというか・・・)

森夏(私保育士とか向いてるかも・・・進路、そういう方向でも考えてみようかな)

森夏(な~んてね)ジャーーザッザ

森夏「こんなもんかな・・・簡単だけど」

森夏(富樫くん・・・・・)

森夏(やっぱりいつもの富樫くんがいいな)

森夏(元中二病でも意外と真面目だし・・・居てくれると落ち着くっていうか)

森夏(・・・元に戻ったら、お世話してあげたお礼くらいしてもらわなきゃね!)

勇太「あうーーーーうぇぇぇぇん」

森夏(泣いてる!)

森夏「はいはい、今行くわよ~!」




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:24:06.59 :0S2yGpGa0


リビング


森夏「いただきます」

勇太「あーーう」

森夏「あ、ダメ富樫くんはこっち、ミルク」

勇太「う~~」

森夏「ダメなものはダメです」

勇太「うぅー・・・」

森夏「大きくなったら食べさせてあげるわよ?」

勇太「!!あうぅ~」キラキラキラ


森夏「素直でよろしい」




127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:31:41.21 :0S2yGpGa0


TV「死者は誰ーーー?」

TV「マカセローー!」ブシャブシャビシャア



勇太「あう~!」キャキャッキャ

森夏(小鳥遊さん、このアニメのキャラに影響受けてるのかな?)

森夏「ふわぁ~あ。そろそろお風呂入って寝ようかな」

勇太「う~あ!」

森夏「え、あ///そうか・・・富樫くんどうしよ・・・」

森夏「・・・・・・」




森夏「もう、いいや・・・疲れてるし二度手間だから一緒に済ませちゃおう」




131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:35:01.83 :2tLqWSAh0

このアニメ見せちゃあかん…




137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:39:19.33 :0S2yGpGa0


風呂


ポチャン・・・

森夏「・・・・・・」

森夏「熱くない?」

勇太「うい~」

森夏「大丈夫みたいね」

森夏(富樫くんの体に浴槽は大きい、しっかり抱きしめとかないと・・・)ギュウウ

勇太「う~」ペチペチ


森夏「も///あんま触らないでよ・・・」


勇太「きゃう」パシャパシャ



森夏「あ//くすぐったいってば///」




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:45:49.28 :0S2yGpGa0


森夏「さて、洗わないと」


ジャーーーーーー


勇太「うぅぅ~」

森夏(シャンプ~が富樫くんの目に入らないように気をつけて洗わないと)

ワシャワシャワシャ

森夏「ま、こんなもんかな。流すわよ」

勇太「あぅ!」

森夏「あ、今なんか小鳥遊さんぽかった」



森夏「よく、我慢したね。えらいえらい」




152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:52:42.92 :0S2yGpGa0


そのころ


一色「どうやったら赤ん坊に戻れるんだ・・・?」


一色「PCで調べてみるか」

一色母「誠~~?お風呂入っちゃいなさい!」

一色「もー今忙しいのによ・・・・・・」

一色「あいつら、今頃どうしてるんだろう。中学生に電話して今日は丹生谷の家で面倒見るってことは聞いたが」


一色母「誠ーーーーーーーーー!?」


一色「うるせぇな、今いくよ!」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 02:58:35.10 :0S2yGpGa0


さらにその頃


六花「凸守、こんな夜遅くにすまない」

凸守「大丈夫デース!マスターの頼みとあらば、年中無休で受け付けるデース!」

六花「例の物は」

凸守「バッチリデース!屋敷の者に貸出主を探させたデス!返却する手間が省けたと言って、快く譲ってもらえたそうデスよ」

六花「ごくろう!さて、勇太の術を説く方法を今から調べる!」

凸守「取りかかるデス!」





六花・凸守「えーと、なになに・・・大いなる愛に包まれ、精霊の女神と過ごすとき――」




159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:05:12.06 :g8tvsrFM0

これはまさか・・・・




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:11:55.43 :0S2yGpGa0


森夏「ふ~さっぱりした。やっぱお風呂は命の源ね」

勇太「あい!」

森夏「このお風呂上がりのカルピスがたまらないのよね」

森夏「生き返る~」

ルルルルルルルル

森夏「携帯に着信、誰からだろ」

五月七日くみん

森夏(くみん先輩か)

森夏「はいもしもし?」

くみん「あ、モリサマちゃん?ごめん夜遅くに」

森夏「いいわよ、まだ寝てないし」




164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:12:39.36 :0S2yGpGa0


くみん「大丈夫~?どんな感じそっちは」

森夏「全然平気よ?」

くみん「よかった~。心配してたんだよー」

森夏「ありがと。でもなんとかなりそうよ。明日には富樫くんを元に戻す方法も分かるだろうし。一日母親キャンペーンも終わりね」

くみん「いいな~ちょっと富樫くんが羨ましいかも。モリサマちゃんの胸で眠れたら気持ちよさそう。お願い今度眠らせて?」

森夏「アンタなに言ってるのよ・・・ダメよダメ」

くみん「え~残念」




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:17:40.33 :0S2yGpGa0


ピッ

森夏「以外に話しこんじゃったわね、さて寝ましょうか」

森夏「電気消すわよ~?」

勇太「あうー!」

パチ

森夏「はぁ、ほんと今日は疲れたわね・・・」

勇太「Zzzzzz」

森夏「もう、散々引っかき回しといて・・・寝るのはやいわね」

森夏(・・・寝顔かわいいな)

勇太「Zzzzzうぅ。。。あぅ」グス

森夏「え、夜泣き・・・?」

森夏「もう・・・大丈夫よ私が居るから。平気平気」ダキッ

勇太「・・・Zzzzz」

森夏(こうやって誰かを抱きしめる感覚・・・・・・)

森夏(嫌い・・・じゃ・・ない・・・な・・・・・・・)




175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:26:42.94 :0S2yGpGa0


勇太(夢を見てた。なんだか、とても心地のいい)



勇太(うろ覚えで、曖昧だけど。なんか凄く暖かいっていうか・・・)

勇太(とても幸せな――)

勇太「ん・・・あれ、俺どうしてたんだっけ・・・」

勇太「っていうか・・・ベット? ああ俺寝てたのか」

勇太「凄くいい匂い・・・そうそう、それで柔らかいんだよな、こう柔らかい」ぐにゅ

勇太「柔らか・・・」

勇太「ん?」



勇太「丹生谷・・・?」

勇太(ななななななな、なんだよこの状況!?!?)

勇太(なんで丹生谷と一緒に寝てんだよ!?ってか、か・・顔に胸が・・・)




176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:27:59.70 :5jSf25wY0

キタ━(゚∀゚)━!




182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:32:12.64 :0S2yGpGa0


森夏「Zzzzzz」


勇太(落ち着けダークフレイムマスター・・・!って違う
落ち着け富樫勇太!この状況を冷静に分析するんだ)


勇太(何故か・・・)


勇太(何故か、丹生谷森夏と同じベットで寝てる、真冬の朝)

勇太(わ、わからん・・・考えても考えてもこの状況が把握できない)


勇太(あ、そうかこれは夢なんじゃないか・・・夢なら仕方ないか)



森夏「Zzzzz」

勇太「違うんだよなぁ…現実だ」




189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:38:09.44 :0S2yGpGa0


森夏「んんーーーー」

勇太(丹生谷の胸がさらに顔に・・・ぐ、息がしずらい)

勇太(うっ・・・・・・・)

勇太「ぷ、ぷはぁ!!も、もう無理!」

森夏「ん・・・んん?」

勇太(やばい・・・)



森夏「ん・・・富樫・・・く・・ん?」

勇太「や、やあ魔術師モリサマー
わが名はダークフレイムマスター」

森夏「おはよ・・・」

勇太「おはよう・・・」

森夏「・・・・・・
・・・・・・・・・・・・!?!?!?!?」




194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:42:49.73 :0S2yGpGa0


勇太「違うんだ・・・丹生谷。これは本当に違うんだ。俺も訳が分からないんだ
も、もしかしたらその多次元空間の歪みによって生じたエネルギーのずれが俺のいたポイントに起こり
それでその・・・今この場にいるのかもしれない
い、いや違うんだそうじゃなくて、それくらい俺も理由が分からないといいますか、あのですね、そのですね・・・」



森夏「きゃ・・・」



勇太「きゃ――?」



森夏「きゃああああああああああああああああああああああ」




195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:46:27.84 :X1ezWoGg0

この勇太服着てないよね




196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:47:58.42 :ZhIJp0Uf0

>>195
しかも寝起き…つまり……




200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:50:47.46 :0S2yGpGa0


勇太(その後のことは覚えてない)


勇太(ただ、俺は何故か丹生谷のベットに真っ裸で寝ていた)

勇太(それは事実だ。訳が分からない)

勇太(あの後、六花が衣類を持ってきてくれるまで俺はタオル一枚だけで冬の寒い朝を過ごした)

勇太(丹生谷も最初は怒って口もきいてくれなかったが、部屋に暖房をつけてくれたりと、それなりに気遣ってくれた)


勇太(しかし謎だ、なんでこんなことになったのか)


勇太「なあ――、一色世の中には不思議なことってあるんだな?」


一色「・・・・・・おまえ本当になんも覚えてないのか?」

勇太「なんのことだよ」


一色「ま、いい思い出も忘れてしまえば無かったことになる。おまえは楽園で過ごせなかった。それでいいじゃないか」


勇太「よくわからん・・・」




209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 03:57:17.29 :0S2yGpGa0


六花「ダークフレイムマスター、よくぞ帰還した」

勇太「おう、なんか久しぶりな感じするな。お前と会うのも」

凸守「ダークフレイムマスター!魔力は回復したデスか?」

勇太「魔力?しらん、そんなもんはない」

凸守「ふ・・そんなものはないデースか」

六花「ふふふ・・・勇太、貴方がそういうことを言ってるられるのも今のうち」

凸守「マスター、今はまだその時ではないデス・・・」

六花「ダークフレイムマスター、これだけ言っておく
貴様の戦いはまだ終わっていない・・・!
そして闇の力は実在するのだ!」


凸守「くふふふふふふふ」


六花「ふふふふふふふふ」


六花・凸守「あははは、あーっははっはっは」

勇太「うるさい黙れ!」ペシッ

六花・凸守「アウチ!」




214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:07:22.11 :0S2yGpGa0


数日後・・・


ウワアアアアアアアアアアアアアアアアアン
デース!デース!デース!!!ウェェッェェェン
ウェーーンZzzzzzウェーンZzzzz

勇太「な、なんだ騒がしい!」

勇太「この声は部室から!?!?」

勇太「一体なにが起こってるんだ!」

ガラガラガラガラ

勇太「!?!?!?!?!?」




216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:08:16.31 :0S2yGpGa0


廊下

森夏「それでねー」

モブA「うそーほんと?」

モブB「そうなんだー」

勇太「に、丹生谷ぃぃぃいいい!!!」

森夏「と、富樫くん!?どうしたのそんなに息切らして」

勇太「た、大変なんだ・・・!ぶし、部室にきてくれ!」




218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:09:04.02 :0S2yGpGa0


部室

六花「ウェェェェン、ウーウーウー」

凸守「デスー!デスー!デスー!」

くみん「Zzzzエーン・・・・ZZウェーン」

勇太「これ、六花達だよな!?な、なんでこんなことに」

森夏「あ~なるほど・・・・・・」


森夏「まったく・・・しょうがないわね」

勇太「こ、これどうするだ」

森夏「一日面倒みれば元に戻るわ」

勇太「ほ、本当か!?でも・・・いや、これはかなりきついな・・・」




森夏「大丈夫よ?」

森夏「今度はパパもいるしね」






221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:10:27.99 :7UUVlQHr0

おわっちゃったぞどうするだ。

乙。




228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:11:55.48 :l3uMzgGR0

乙だけどもうちょっと広がりそうなネタ




232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:14:00.89 :0S2yGpGa0

くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、無職になったので暇つぶしにSSを書いてみようと思ったのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
寂しいクリスマスに流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、六花達のみんなへのメッセジをどぞ

六花「くくく、閲覧感謝する
邪王真眼の暗黒を見せてしまったが・・・気にするでない」

凸守「ありがとDeath!
ミョルニョルハンマーの凄さは伝わったDeathか?」

森夏「見てくれたのは嬉しいけどかなり恥ずかしいわね・・・」

くみん「見てくれてありがと~
正直、私ずっと寝てただけだよね~」

一色「」ツルリーン

では、

六花、凸守、森夏、くみん、一色、俺「皆さんありがとうございました!」



六花、凸守、森夏、くみん、一色「って、なんで俺くんが!?
二十三歳ニートなんだから就職してよ!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終われ(人生)




233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:15:07.19 :QLf/yr9U0

乙です




234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:16:27.99 :9RwDgY3I0

無職→時間ある→続き書ける

おながいしまう




239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:17:45.08 :0S2yGpGa0

くぅ~疲れましたのコピペで綺麗に締めたかったんだがな
まだ書けるけど、何書けばいいんだこれw




243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:21:36.69 :JQG6TGLGO

面白かった 続きを所望したくなるほどに




254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:34:21.58 :0S2yGpGa0

読み返してみたら十花さんってレスが多いな
じゃあ軽く分岐ルートの十花&六花やって、それでモリサマのさっきの続きやりましょう
なんかすげー肩こってるぞよ




255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:35:47.32 :TJ8OfxPq0

わーい




256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:38:10.72 :0S2yGpGa0


勇太「あぶううう」

森夏「どうするのよ、これ」

六花「・・・分かった、私が家へ連れて帰る」

森夏「ちょ、ほんき!?」

六花「お姉ちゃ・・・プリーステスにも事情を話す
いくらプリーステスとはいえ、これは緊急事態。きっと了承してくれるはず」

凸守「ただ、マスターが・・・」

六花「あう・・・ご飯抜きくらいは覚悟しなくちゃいけないかも・・・」

森夏「・・・小鳥遊さん、大丈夫?」

六花「平気・・・邪王真眼は最強。究極」

森夏(足震えてるわよ・・・)




260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:41:21.28 :0S2yGpGa0


六花「じゃあそう言う事だから、さらば」

勇太「うぇぇーん!」

六花「勇太・・・何故泣く、邪王真眼では不服だというのかっ!」

勇太「えーーーん」

六花「まさか・・・なるほど、これは共鳴。
ダークフレイムマスターの魂と邪王真眼が共鳴している。だから――」

勇太「ウエエエエエエエエエエエエエエエエン」



六花「あう・・・泣きやんでよ勇太ぁ・・・」




264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:48:42.40 :0S2yGpGa0


小鳥遊家

六花「うぅぅぅ・・・ただいま」

勇太「うえぇぇぇん」

十花「なんだ騒がしいな。ん?」

十花「おまえ、どうした。その子供は」

六花「これは、勇太・・・」

十花「富樫勇太、この赤ん坊がか?」

六花「そう・・・信じれないと思うが、本当に――」十花「なるほど」

六花「え?」

十花「その赤ん坊は富樫勇太なんだな。理解した
こんな状態じゃ返せないな」




269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 04:58:33.31 :0S2yGpGa0


六花「お姉ちゃん・・・・・・」


十花「私は勘には自身がある。富樫勇太と同じ雰囲気を感じる」

六花「うぅ・・・お姉ちゃん私・・・のせい、勇太がぁ・・・
でも、明日になれば元に戻る、から今日は・・・・・・うぅ」

十花「・・・・・・」

十花「夕飯、できてるぞ冷めないうちに食べろ
富樫勇太は・・・どうするか」

六花「これ・・・」

十花「粉ミルクか。分かった私がやっておくから、おまえは食事にしておけ」

六花「・・・うん」




271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:05:37.10 :0S2yGpGa0


勇太「あうあう」

十花「すまないな、お前には毎回迷惑かけて。妹の代わりに謝っておく」

勇太「あぅー?」

十花「あいつも反省してるってことだ」

勇太「あー!あぅー」

十花「両手をあげてる・・・ああ、抱っこか
ちょっと恥ずかしいな///」

ヒョイ

十花「こ、こうでいいのかな・・・
いかんな、あまりこういう事は慣れてない・・」




274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:10:56.79 :0S2yGpGa0


勇太「うー!」モミュ

十花「ちょっとくすぐったいな・・・」

六花「お姉ちゃん・・・?」

十花「コホン・・・私は洗い物がある。富樫勇太の面倒はおまえに任せる、ほら」ヒョイ

六花「勇太、私がしばらく抱っこする」

勇太「うぇぇぇぇぇ・・・」

六花「なぜ・・・」

六花「プリーステス、今日は私が家のことを全部やるから。プリーステスが勇太の面倒を見て」

十花「え」




276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:16:56.70 :0S2yGpGa0


十花「と、言うわけで何故か私が富樫勇太の面倒をみることになったのだが・・・」

勇太「あ~う!」

十花「ままごとでもするか・・・?
いや夢葉より年下なんだよな、出来るわけないか」

勇太「あ~う!!あーう!」

十花「なんだ指さして・・・ああ、これはシュバルツゼクスプロトタイプマークII
じゃなくて傘か」

十花「こんなんでいいのか?」開閉

パッパッパッ

勇太「あぶー!」キャッキャ

十花「子供は良く分からないな・・・」




277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:26:47.40 :0S2yGpGa0


六花「プリーステス、一通り終わった」

十花「そうか」

十花「私は風呂に入る、おまえはこいつの面倒を見ておけ」

六花「プリーステス、私も一緒に入る」

十花「・・・なんでだ」

六花「私は勇太を洗わなくてはならない
プリーステスには補助をお願いしたい。この任務は一人では、危険」

十花「三人で入るのか・・・?うちの浴槽は狭いぞ」

六花「問題ない、多少の我慢」

十花(仕方ないな・・・)




278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:35:23.52 :0S2yGpGa0


十花「やっぱりきついな・・・・・・」

六花「勇太、気持ちよさそう。ダークフレイムマスターは炎の属性も持っている、だから熱さでMP回復」


十花(炎が水に入ったら普通は消えるんだがな)


六花「だがやはり敗北感を感ぜざるを得ない」


十花「何がだ」ボイン


六花「うぅぅ・・・・・・私もお姉ちゃんみたいに大きくなるかな」


十花「・・・///なら好き嫌いしないでしっかり食べろ
トマトも残さずに」


六花「あぅ・・・あれは食べ物じゃない・・・」




284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:51:44.99 :0S2yGpGa0


勇太「あぶううううう進化」

DFM「わが名はダークフレイムマスター」

十花「」

六花「」

DFM「ふむ、貴様らが今宵の生贄か。よろしい」

DFM「姉妹そろって闇の矛の鞘となるが良い!」

DFM「ん~はじけろシナプス~~」

十花「な、やめろ!離せ」




286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:53:55.12 :HhqOIMZH0

何が起きた




288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 05:58:03.22 :0S2yGpGa0


十花「や、やめろ富樫勇太こんなことしてっ!」

勇太「ふむ、なるほど。口が達者なようだ」

勇太「水よ、我が意に従いこの物の動きを抑えよ」

十花「!?か、体が・・・」

勇太「一時的に貴様の動きを止めた。俺が解くまでは指一本動かせはしない」

勇太「だが、口を動かせるぞ。ほれ」

十花「な、やめ・・・」

勇太「暗黒の刀をその口にくわえろ、これは命令だ」

十花「ふごっ・・・ん・・・ん・!!」




290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:01:47.65 :0S2yGpGa0


十花「は、はぁ・・・んっ・・・」

勇太「大分慣れてきたか」

勇太「さて・・・」チラッ

六花「!!!」ビクッ

勇太「邪王真眼よ・・・・・・」

六花「な、なに・・・」

勇太「俺とおまえがひとつになれば最強だと思わないか?」

六花「え、それは・・・思うけど」

勇太「ならば拒否はしないということだな?」

六花「な、なにを?」

勇太「ふふふふふふ・・・」




293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:18:15.31 :0S2yGpGa0


六花「勇太・・・痛いよぉ」

十花「や、やめろ六花の代わりに私にしろ!」

勇太「ん~きこえんなぁ」

勇太「もっと闇の者に対しての礼儀がなってないぞ、プリーステスよ」

十花「りっ、六花の・・・妹の代わりに私が相手をする・・・だからやめてくれ」

勇太「ふむ、ならばそうしてやるとするか」

勇太「入るぞ。。。浸食せよ、我が矛よ・・・」

十花「ッーーー。うっ・・・」

勇太「どうした顔が歪んでいるぞ」

勇太「痛みを感じているのかプリーステスよ、ははは」




294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:24:59.44 :0S2yGpGa0

そして闇夜に落ちていく三人でした
分岐ルートおしまい




295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:26:35.38 :MXc5ZyWB0

ここでなげっぱなしジャーマン




296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:27:44.30 :0S2yGpGa0


勇太「という訳で、幼児化してしまった六花と凸守とくみん先輩の面倒をみることになった」

森夏「いいわよ、入って」

勇太「丹生谷の家、来るのはあれ以来だな・・・」

森夏「もう忘れなさいよそのことは!」

勇太「ご、ごめんなさい」

森夏「はぁ~。でも今回はこの前より疲れそう」

勇太「この前?」

森夏「な、なんでもないわよ
ほら入って入って」

勇太「・・・お邪魔します」

凸守「デースデースデース!!」

勇太「あわわわわわ。。。」

六花「あうぅーえい」パシャン

森夏「あー、ミルクこぼした!!」

くみん「Zzzzzz」

森夏・勇太(くみん先輩は意外と手がかからないな)




298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:31:07.24 :0S2yGpGa0


夕方

森夏「富樫くん、お疲れ。お茶いれたわ」

勇太「あ~ありがとう、いや疲れるなぁ・・・まったく
でも三人とも昼寝してるし、しばらくは休憩できそうだ」

森夏「一日だけでもこれだけ疲れるんだから、毎日相手する子供の親って凄いわよね」

勇太「ああ、ほんとそうだな」

六花・凸守・くみん「Zzzzzz」

勇太「いい気なもんだな」

森夏「ほんとよね」

勇太・森夏「・・・・・・・・」

勇太(あれ、なんだこの空気。なんか話題を作らないと)

勇太「にしてもさー。丹生谷の本だなって占いの本が多いな。まだ抜けて切ってないんじゃないか?」

森夏「なによ、それどういう意味?」

勇太「いや、なんでもないです。ん・・・これ卒アル?」




299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:35:00.14 :0S2yGpGa0


森夏「だ、ダメそれ見ちゃ!!」

勇太「え、あぁごめん・・・」

森夏「もう!知られたくない過去の黒歴史なんだから!」

勇太(丹生谷の過去・・・か)

勇太(中学時代は俺と同じく丹生谷も中二病だったらしいけど、知ってるのはそれくらいだ・・・)

勇太(彼氏とか居たのかな・・・)

勇太(ってなんで俺こんなこと気にしてるんだ?
この間の件があってから丹生谷のことが気になって仕方ない・・・なんでだろうか)




301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:41:36.14 :0S2yGpGa0


森夏「もう、こんな時間。夕ご飯作らなきゃ!」

勇太「あ、俺も手伝おうか?」

森夏「いいわよ、富樫くんは適当にくつろいでて」

勇太「あ・・・はい」

ガチャ。部屋を出ていく森夏

勇太「下の台所に行ったか」

勇太「卒アル・・・」

勇太(ちょっとだけ見るだけだ。少し見てすぐ本棚に戻せば・・・)

ペラペラ

勇太「丹生谷森夏・・・丹生谷森夏・・・いた
三年二組だったのか。今と比べて紙色も地味だけど・・・」

勇太「やっぱり可愛いな」ボソッ




303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:47:47.43 :0S2yGpGa0


勇太(もし丹生谷が中二病じゃなかったら、中学時代凄くモテてただろうな・・・)

勇太(いや、恋人とか居たかもしれないけど・・・)

勇太(後でそれとなく聞いてみるか)

森夏「富樫くーん!出来たわよ」


リビング

森夏(そういえば大きくなったら、食べさせてあげるってあのとき約束したんだっけ)

勇太(お、女の子の手料理食べるの初めてだ!)

勇太「いただきます!」

森夏「えっと、美味しくないかもしれないけど・・・」

勇太「いや、凄くおいしいよ。丹生谷、いいお母さんになれるとおもうよ」

森夏「え、ちょっと///なに言ってんのよ
あー//おかわりあるから、もし良かったら言ってね」




305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 06:57:16.37 :0S2yGpGa0


勇太(このタイミングだな・・・)


勇太「そういえばさ、占いとか好きなんだよな?丹生谷は」

森夏「え?ああ、うん」

勇太「自分の恋愛運とかも占ったりするのか?」

森夏「ま、私も今をときめく女子だし、そのくらいはね」

勇太「ちゅ、中学時代とかさ。付き合ったりとかしたのか?」

森夏「いきなり何よ・・・後、中学時代の話題禁止」

勇太「いやそのちょっと気になって」

森夏「精霊が見えるとか妄言を言ってる女が恋愛してるとおもう?
無縁よ無縁」

勇太「そ、そっか」

勇太(よかった・・・いや、俺なんで安心してるんだ)




311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 07:28:49.11 :0S2yGpGa0


森夏「食事も終わったし、あの問題児達をお風呂にでも入れちゃいますか」

勇太「そ、そっか。じゃあ俺は食器でも洗っとくよ」

森夏「何言ってるの、子供三人も一人でお風呂に入れられないわよ」

森夏「富樫くんも入るのよ」

勇太「そっか、分かった俺も入る――。っていやいやいやいや!!」

森夏「は、裸で入るわけないでしょ。はいこれ」

勇太「水着・・・ってこれ俺の水着じゃないか」

森夏「例の事件の時、小鳥遊さんが持ってきた富樫くんの着替えの中に入ってたのよ
なぜか私の部屋のベットの下に落ちてて」

勇太「そ、そうか」

勇太(水着でもなんか緊張する!!!)




313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 07:38:04.16 :0S2yGpGa0


風呂場

凸守「デスデスデェェース」

森夏「こら、暴れない!」

勇太(スクール水着の丹生谷・・・やっぱいい。というか、風呂場でこれってなんかエロいぞ・・・)

勇太(しかも水着とは言え、浴槽の中で一緒のお湯につかってる・・・)

勇太(あわわー俺はいったい何を考えているんだ)

六花「あうううう!」パシャパシャ

勇太「み、水が顔に」

勇太(俺の邪念を取り払ってくれたのか・・・)

六花「ふっ」キラーン

森夏「さて、三人先に上げちゃうわね。富樫くん浸かってていいわよ」

勇太「わ、わかった」




317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 07:45:38.40 :0S2yGpGa0


数分後

ガラガラガラガラ

勇太「え、丹生谷?」

森夏「あーえっと、もうちょっと温まろうと思って」

勇太「そ、そうなのか。ははははは」

勇太(なんだよー!この状況!?)


チャポン・・・

森夏「ねえ富樫くん、背中流してあげようか?」

勇太「悪いよそんなの!いや、嬉しいけどさ!」

森夏「いいわよ別に、今日頑張ってたしね。労いくらい受けておきなさい」

ゴシゴシゴシゴシ

森夏「どう・・・?」




321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 08:02:11.36 :0S2yGpGa0


勇太「いい・・・」

森夏「流すわね」

ジャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勇太・森夏「・・・・・・」

勇太・森夏「あのさ富樫くん・丹生谷」

森夏「そっちからどうぞ・・・」

勇太「あ、いやそのさ・・・俺さっきからずっと浸かってるからのぼせたらしくて
今言おうとしたこと忘れちゃったよ・・はは、丹生谷から言ってよ」

森夏「あのね・・・富樫くんがいると安心するのよ、わたし」

勇太「え・・・」

勇太「えっと、それってどういう意味?」

森夏「多分、好きって意味」

勇太「!」




325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 08:12:07.90 :0S2yGpGa0


森夏「今日、一緒に子守してて思ったの。富樫くんってさ、意外と頼りになるよね」


勇太「意外とは余計だぞ・・・」

森夏「恥ずかしいわね、こういうの。告白なんて初めてだから
あーあー、愛の伝道師モリサマーがこんなんじゃ、ダサいわね」

勇太「・・・」


勇太「いや、そんなことない。嬉しいよ。有難う丹生谷。
俺も・・・好きだ!」

勇太「俺と契約を結べモリサマー」

森夏「うわ、ださっ・・・」

勇太「」ガーン





森夏「ふふっ、冗談よ。ありがと・・・ねえ富樫くん。キスしよ」




329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 08:21:51.40 :0S2yGpGa0


勇太「え、いやちょっと今はまずい・・・いま丹生谷とキスしたらいろいろと抑えられなくなりそう・・・だから・・ンンンッ」チュ

森夏「はぁ・・・ン・・チュパ・・ハァハァ」

勇太(ファーストキスがディープキスって・・・)

勇太「ンン・・・」


勇太(丹生谷の唇のリップクリームの甘い香りが鼻から入ってくる)

森夏「ン・・・ンン・・ハァハムッ・・・ンン」

勇太(唇は柔らかくて、息をしようとすると丹生谷の舌が俺の口の中で動いて酸素を持っていくような感覚)


勇太(あ、ダメだ。頭がぼーっとしてきた。
そういえばお湯につかりすぎてて、のぼせてたんだっけ)


勇太(幸せだ――)


バタン




332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 08:38:42.52 :0S2yGpGa0


勇太「ん・・・・・」

森夏「よかった!富樫くん!」

勇太「俺は・・・?」

森夏「キスの途中で意識失ったのよ、富樫くん。突然だったから驚いちゃった」

勇太「そうかなのか・・・いや、凄くよかったからいいかな///」

森夏「ごめんなさい・・・」

勇太「気にするなよ、あはは」

勇太「っていうか、膝枕・・・」

森夏「いや?」

勇太「とっても嬉しいです。しばらくこうしてたいです」

森夏「うん・・・わかった」




338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 08:49:01.22 :0S2yGpGa0


森夏「今日はいろいろあったわね」

勇太「うん、なんだか内容が濃すぎて頭が追い付かない」

森夏「でも好きって富樫くんに伝えれてよかった
これもあの三人の赤ん坊のおかげね」

勇太「俺も、言えてよかった」

森夏「好き」

勇太「俺もだ」




339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/26(水) 08:54:08.21 :0S2yGpGa0


勇太「丹生谷の膝、柔らかい・・・」

森夏「いちいち、報告しなくていいわよっ」

勇太「んー、でも不思議と初めてな感じがしない」

勇太(むしろもっと深い深い仲だったような・・・)

森夏「えーっと、き、きっとあれよ、前世からダークフレイムマスターとモリサマーは恋人だったのよ!」

勇太「なるほどな・・・そういえば六花達は?」

森夏「寝てるわよ、さっきの富樫くんの気絶っぷりに負けないくらいの爆睡状態」

勇太「そっかそっか」

森夏「明日になれば元に戻ってるでしょうから、もうこの家族ごっこも終わりね」

森夏(ちょっと寂しいかも)

勇太「家族ごっこか・・・」

勇太「森夏」

勇太「いつか絶対、家族になろうな」

森夏「当たり前よ。絶対なんだから」ニコッ



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2sslibrary.blog.fc2.com/tb.php/87-0526f94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。