綾波レイ「趣味は碇君を射精させることです」

ここでは、「綾波レイ「趣味は碇君を射精させることです」」 に関する記事を紹介しています。

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 23:35:24.57:q3isVsj50


先生「それじゃ綾波さん、作文読んでください」

レイ「はい。『私の好きなこと』。私の趣味は、碇シンジ君を射精させることです」

先生「・・・・・・・しゃせ?」

レイ「碇君の射精が大好きです。だから、碇君に家に来てもらえた日は、いつもしています。
まず最初は唇を合わせたり、胸を押しつけたり、碇君の身体を撫でたりします」

シンジ「?!」

レイ「そうすると直ぐに、碇君の男性器が大きくなってくれて、私の心音が高まり始めます」
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 23:46:47.54:q3isVsj50


アスカ「ファ、ファースト、シンジ、あんた達・・・・・・?」

シンジ「いや、あのっ」

レイ「碇君の男性器は、普段は小さいけれど、性的刺激を与えると非常に大きくなります」

ヒカリ「フ、フケツよ!」

レイ「インターネットを利用して男性器の写真を閲覧してみましたが、中でも特別大きいです」

ヒカリ「・・・・・・ゴクッ」

レイ「充分に肥大化したところで、服を開きます。
そうして露出した男性器に触れると、とても熱くて、固い・・・・・・。
ひざまずくと眼前にあって、目に映すだけで、私の心と身体が溶けていくのが分かります」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 23:55:41.45:q3isVsj50


レイ「私はいつも夢中になって、碇君のそれに触れます。指で、舌で触れて、口に含んで。
その時は、熱さと固さと匂いを全て感じられるから、夢見心地になってしまいます。
碇君が小さく呻く声を聞くと、それだけで、内に響くようなオーガズムに達して何度も震えます」

先生「・・・・・・・・・・・・続けて」

レイ「はい」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/01(金) 23:56:55.80:N+Rqxje00

続けて


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 00:12:08.37:NqhN9llP0


レイ「待ち望んだ射精が近づいてくるその時間は、何物にも変えがたく幸せです。
射精してもらうために、男性器の袋も筋も、先端も、私は一生懸命に刺激し続けます。
碇君が快感を得て、射精をしてくれるのなら・・・・・・どんな事でもできると思えます。
そして、見上げた先にある、碇君の表情が―――」

アスカ「・・・・・・」

レイ「官能に歪むのを見るのも大好きです。女性的な面立ちを蕩かせながら、碇君の腰が浮き出します」

アスカ「・・・・・・///」

ヒカリ「・・・・・・///」

レイ「やがて、ようやくその瞬間が訪れます」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 00:25:31.85:NqhN9llP0


レイ「碇君が一際大きく喘いで。男性器の先端が膨らんで。
噴射のように、大量の白い粘液が吐き出され、まき散らされます。本当に―――いつも大量です」

トウジ「センセ・・・・・・」

ケンスケ「いや~んな感じ!」

レイ「溢れるほどの精を口内で受け止めるのも、顔や身体に浴びるのも同じくらい嬉しいので、
どちらにするかいつも迷いを感じてしまいます。
碇君が命じてくれれば従うのですが、碇君はあまりそれをしません」

シンジ「・・・・・・」

レイ「例えば口内に受けると、流し込まれる感触と精液を直接に味わうことができます。
溺れると思うほど射精されながら、私自身も繰り返し、強いオーガズムを味わいます」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 00:44:58.38:NqhN9llP0


レイ「例えば浴びる時は、男性器の射精の瞬間を目撃することが可能です。
その様子を見るだけで全身の力が抜け、唾液が流れてしまうのが不思議です。
もっと繰り返し見たいので、近々録画して、携帯機器に保存しようと思います。
とにかくそうして、噴出した精液を浴びると、私の身体中が白く染まります」

アスカ「・・・・・・どんだけ出すのよ、バカ」

レイ「碇君の熱と匂いにまみれ、精液のプールにいるような幸せな幻想に浸り・・・・・・。
この場合もやはり、私の身体は悦びを表現して、何度も達してしまいます」

先生「―――綾波さん」

レイ「はい?」

先生「その、最後まで行っているの? 碇君とは」

レイ「いえ、まだです」

先生「そう・・・・・・じゃ、どうぞ」

レイ「はい。以上のように、私は碇君の射精の度にポカポカして幸福なので、
碇君が家に来てくれた時は、必ず5回以上は射精をしてもらうことにしています」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 00:55:09.69:NqhN9llP0


レイ「同様に、碇君の家を訪問した際にも、必ず5回以上射精してもらうことにしています」

アスカ「へぇー・・・・・・シンジ?」ギロッ

シンジ「ぅ・・・」

レイ「これからは毎日学校でも、必ず5回以上射精してもらうのが私の当面の目標です。
碇君の射精が大好きです。碇君を射精させることが私の趣味です。―――2年A組、綾波レイ」ペコリ

パチパチパチパチ

トウジ「おめでとう、センセ」

ケンスケ「めでたいなぁ」

ヒカリ「い~か~り~く~ん?」

アスカ「うふふふ、めでたいわねーシンジあんたどこまで本当なのかキリキリ答えなさいよこら」

シンジ「あはは・・・・・・・・・はは。はぁ」

パチパチパチパチ


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 00:57:06.13:2X/2cJoC0

おめでとう


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 00:59:35.25:NqhN9llP0


先生「それじゃ綾波さん、座っていいわよ」

レイ「はい」

先生「さて・・・・・・男子は、しばらく校庭で自由時間ね」

トウジ「え、いいんでっか?」

先生「女子と碇君は残りなさい」

シンジ「えっ・・・!?」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 01:07:22.40:NqhN9llP0


先生「ちょうど次の時間は保健体育だけど体育の先生は出張だし。このまま実技指導します」

女子生徒「「「「「はーい」」」」」

シンジ「え・・・・・・?」

レイ「碇君・・・」

シンジ「や、ちょ、綾波!?」

アスカ「ほぉら、逃げちゃダメよシンジ。ファーストばっかりにさせないんだから」

シンジ「ぁっ! 止め、ああアアスカっ」

レイ「碇君、射精―――して」


シンジ「うぁぁぁぁぁあああああああああ!!!」


おわり


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/02(土) 01:14:50.79:SfZ4KMJoO

久しぶりにほっこりした
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2sslibrary.blog.fc2.com/tb.php/86-377932ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング