シンジ「アスカとマリのポジションが逆になったら」

ここでは、「シンジ「アスカとマリのポジションが逆になったら」 」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:37:48.29:cF/00h7X0


ミサト「彼女が2号機パイロット、真希波・マリ・イラストリアスよ」

マリ「………!」スッ クンカクンカ

トウジ・ケンスケ「!?」

シンジ「うわっ!ちょっ!」

マリ「いい匂い……LCLの香り……」

シンジ「えっ、ええっ」

マリ「君が零号機……いや、初号機パイロットかな?」

ミサト「その通りよ。初号機パイロットの碇シンジ君」

マリ「よろしくね。ネルフのわんこ君っ」

シンジ「よ、よろしく……」
4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:42:19.09:cF/00h7X0

まぁ何が言いたいかというと
「せっかくの新キャラなのに戦闘シーンしか出てこないのは勿体ないからアスカと交換しときゃ良かったんじゃないの?」
ってこった。

どうせ旧シリーズ知ってる人はアスカがどんな人物か知ってるわけだし。
新劇から入った人なら、そのまま見続ければいいし。
あと俺がマリ気に入ってるから。


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:45:50.09:cF/00h7X0


シンジ「ただいm……って何これ!僕の部屋が……」

ガラッ

マリ「あー、ごめんごめん。置く場所なかったから、とりあえず入れさせてもらったよ」

シンジ「真希波!なんでここに……」

マリ「さぁてね。なんででしょー」

シンジ「僕の部屋……」

マリ「まぁ片付けるまで我慢してよ。それまで一緒に寝たげるからさー♪」ダキッ

シンジ「ちょっ!やめ……」

ミサト「はいはいそこまでー」

マリ「にゃ?」

シンジ「ミサトさん!どうして真希波が……」

ミサト「エヴァーのパイロット同士、同じ釜の飯を食って仲良くやってもらおうと思ってね~」

マリ「おー」

シンジ「そ、そんなぁ……」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:53:16.93:cF/00h7X0


マリ『ん? お? おおー!!』

ガラッ

マリ「何これ!ねぇ何この生き物!」

シンジ「ああ、ペンギンって言うんだよ。名前はペンペ…」クルッ

マリ「へぇーペンペンかー。よーしよしよしよし」ワシャワシャ

ペンペン「くぇーっ」

シンジ「ま……真希波っ!」

マリ「ん?……ああー……キャーエッチ!」バッ

シンジ「いいから!早く服を……」

マリ「にゃっはっはwww照れるな少年www」

シンジ「知らないよっ!」プイッ

マリ「怒んないでよー」ダキー

シンジ「だから服着てってば!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:57:54.91:cF/00h7X0


屋上

シンジ「…………」

アスカ「うわああああどいてどいて!」バサー

シンジ「!?」

ドサーッ

アスカ「いつつつつ……あんたバカぁ!?どけって言ったんだからさっさとどきなさいよ!」

シンジ「そんな、急に言われたって……」

プルルルル プルルルル

アスカ「……フンッ!(ピッ) もしもし? 風に流されちゃった。どっかの学校みたい……」

シンジ「…………」

アスカ「言っとくけど! あんた、このこと誰にも言うんじゃないわよ! わかった?」

シンジ「え、あ、うん……」

アスカ「……フンッ!」タタタタ…

シンジ「なんなんだよ……」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:17:33.02:cF/00h7X0


日本海洋生態系保存研究機構の見学

トウジ「おおー!でっかい水槽やなー!」

ケンスケ「すごい!すごすぎる!」

マリ「うおー!さぁ行くぞ少年!」

シンジ「ちょっと待っ……まだ綾波が……」

レイ「…………」

マリ「わーなんかいっぱいいる!」

ペンギン達「くぇーっ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:23:59.56:cF/00h7X0


トウジ「おっ?」

マリ「美味しい…」

ケンスケ「あの九割人造肉がこうも美味しくなるとは……」

加持「シンジ君、台所に立つ男はモテるぞ」

シンジ「いや、そんな……」

マリ「家のご飯も全部やってくれてるもんねー♪」

シンジ「だからくっつかないで……」

ケンスケ「くそう碇のやつばっかり……トウジどう思う」

トウジ「ワシは絶対やらんぞー」

レイ「…………」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:27:02.95:DbzxMBwH0

マリはあざといと思うがかわいいよな
悔しい


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:33:51.58:cF/00h7X0


シンジ「綾波どうしたの? 食べてないみたいだけど……」

レイ「肉、食べないだけ」

マリ「む。そーゆーのは良くない。実に良くない」ズイッ

レイ「………」

マリ「生き物は生き物を食べて生きてるんだから、折角の食事は残さず食べないと申し訳ないぞ?」

レイ「…………」

マリ「愛想がないなぁー」ムニムニ

レイ「………」

マリ「うりうりw」ムニムニ

レイ「………ひゃめて」

トウジ「ほいほい、そんならワシが……」

ペンペン「くぇーっ」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:44:35.94:cF/00h7X0


第八使徒襲来

マリ「手で受け止める?」

ミサト「そうよ。エヴァーでATフィールドを全開にして受け止めるほかに、あの使徒を止める方法はないわ」

マリ「ありゃー」

ミサト「よって、この作戦はエヴァー三体による同時展開とします。三人の力で、奇跡を起こすのよ」

マリ「よろしくねっ、レイ♪」

レイ「……ええ」

マリ「ふふっ」

シンジ「………あの、勝算は」

ミサト「神のみぞ知る、ってところね」

マリ「んじゃー神様に嫌われないようにがんばりましょー」

シンジ「お……おー」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:57:45.66:cF/00h7X0


初号機、落下地点に到着

シンジ「ATフィールド、全開ッ!」フォォォオオ

使徒「………」ガシッ

シンジ「!?」

メキメキメキ……

シンジ「うああああああ!!」

マリ「シンジ!」

レイ「2号機、コアを」

マリ「おっけー!」シャキン

マリ「にゃっ!」ズバッ

カキン!

マリ「外した!?」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:01:04.83:cF/00h7X0


シンジ「マリ……早く……」メキメキメキメキ

マリ「慌てなさんな!」

マリ「あと30秒ッ!」ゾクゾクッ

ガシッ

レイ「ぐうっ!」

マリ「レイ!」

シンジ「マリ……」

レイ「早く……」

マリ「にゃーっ!!」ザクッ!

使徒「………」フッ

ドバァァァァァ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:13:56.76:cF/00h7X0


深夜・シンジの部屋

ガラッ

マリ「………」スッ

シンジ「っ!ちょっ」

マリ「んふふ。いっしょに寝よっかなーと思ってさ」

シンジ「え、いや……」

マリ「いーから。そのまま」

シンジ「……はい…………あの、マリはなんでエヴァに乗るの?」

マリ「?……楽しいから、かなぁ」

シンジ「楽しいから……」

マリ「変な質問するね。エヴァに乗るのに、そんなにたいそうな理由が必要?」

シンジ「……わからない」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:17:49.33:oRDI0hRgO

なんつーか良いお姉ちゃんっぽい


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:18:02.42:cF/00h7X0


マリ「じゃあ逆に聞くけど、君はなんでエヴァに乗ってるの?」

シンジ「……よく、わからない」

マリ「ふむ……」

シンジ「父さんに、褒めて欲しいのかな」

マリ「…………」

シンジ「今日初めて褒められて……嬉しかった。僕のことを認めてくれたのかな……」

マリ「……アタシは、認めてるよ」

シンジ「えっ?」

マリ「今日は、ありがと」ギュッ

シンジ「………うん」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:31:31.10:cF/00h7X0


学校・昼休み

トウジ「さぁーて、メシやメシ!」

「あ、お弁当作ってないの?」
「ごめん。今朝は宿題してて……」

トウジ「ん?」ガラッ

マリ「んじゃーたまにはアタシがおごったげるよ」

シンジ「いや、いいよ別に……」

マリ「ダーメ。毎日ご飯作ってもらってるんだから、これぐらいさせてよー」

シンジ「う……ん、じゃあ」

マリ「はい、けってーい」

シンジ「でも、今から購買行っても」

マリ「んっふっふー。たまには外の世界に出てみるのもいいんじゃない?」

シンジ「コンビニってこと? ダメだよ校門見張られてるし」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:35:01.77:cF/00h7X0


マリ「へーきへーき。行くぞ若者ー」

シンジ「ちょ、待ってってば」

ケンスケ「はいはい。お二人とも、仲のよろしいことで」

トウジ「ホンマ、うるさくてしゃーないわ」

シンジ「そんなんじゃ…」

マリ「おや? 鈴原だってヒk」

トウジ「ッ!! アホ!何言うてんねん!」

マリ「べっつにぃー?」

ケンスケ「ちくしょう碇のみならずトウジまで……」

トウジ「ア、アホ!何もないゆーてるやろ!なな何見てんねんお前らー!」

クラスメイト「あはははは」「ははははは」

マリ「はっはっはっは!」

シンジ「……ははっ」クスッ


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:45:15.23:cF/00h7X0


葛城宅の朝

ミサト「マリー、洗顔ソープ貸してー」

マリ「あーアタシのも切れてるわー」

ミサト「うっそーん」

マリ「シンジー、アンタの借りるよー」

ミサト「ちょっとアタシ先に使わせてよー」

シンジ「いいけど……ま、いっか……」

シンジ(……中学男子のニキビ予防は深刻なんだからカンベンしてよ……)


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:50:40.76:cF/00h7X0


再び学校・昼

マリ「いただきまーす」

ヒカリ「いただきます」

マリ「今日もキレイに作ってくれて……感謝感謝」モグモグ

ヒカリ「あの……マリ?」

マリ「うん?」モグモグ

ヒカリ「……あたしと鈴原のこと、なんで知ってたの……?」

マリ「…………」モグm

ヒカリ「…………」

マリ「…………」ゴクン

ヒカリ「…………」

マリ「わータコさんウィンナーだー」モグモグ

ヒカリ「ちょ……なんで知……ちょ……」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:04:53.95:cF/00h7X0


時間は前後して―――日本に来る前のアスカの様子


オペレータ『思考言語固定をお願いします』

アスカ「ドイツ語で!」

加持『悪いな。新型スーツが間に合わなくて。しかも仮設機で実戦とは……誠にすまない』

アスカ「任せて!加持さんのためなら……」

加持『よろしく頼む』

アスカ「よーし、行くわよアスカ……」

アスカ「エヴァンゲリオン仮設5号機、起動!」


――アスカと仮設5号機は無事使徒を倒しましたとさ。


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:27:04.86:cF/00h7X0


学校

シンジ「綾波……その手、どうしたの?」

レイ「今は秘密。もうちょっと、上手くなったら話す」

シンジ「………」ニコッ

マリ「………」




マリ「あっちゃー、やっちゃったわー」

ミサト「ただいま……ん?アンタ……鍋焦がした?」

マリ「料理のできない女ってのはツラいねぇー」

ミサト「そーよー。大人になって困るわよー」

マリ「おおー、重みのある言葉」

ミサト「どーいう意味よ」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:28:27.52:cF/00h7X0


ミサト「ところで、急に料理なんて始めてどうしたのよ」

マリ「んー、シンジ見てたらできた方がいいかなー……って」

ミサト「そうね。その心がけは大事よ。レイも頑張ってるみたいだし」

マリ「レイが?」

ミサト「手料理で食事会を開いて、シンちゃんと碇司令をくっつけようとしてるみたい」ペラ

『2号機パイロット様江』

マリ「へぇー。がんばるねぇ」

ミサト「サプライズなんだから、バラしちゃダメよ」

マリ「ういー」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:39:11.53:cF/00h7X0


3号機、日本へ

マリ「ええー!2号機を凍結!?」

リツコ「バチカン条約、知ってるでしょ。各国のエヴァ保有数は三体と決められているの」

マリ「だからってなんでアタシの弐号機が……」

マヤ「2号機のパスはまだユーロが持ってるの。あたしたちにはどうにもできないのよ」

マリ「はぁ……エヴァに乗れない……つまんない……」ショボーン

リツコ「何を言ってるの。エヴァは兵器よ。面白いとか、つまらないという問題ではないわ」

マリ「はいはい……」ショボーン


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:42:47.19:cF/00h7X0


エレベーター

レイ「…………」

マリ「…………」

レイ「エヴァは、心の鏡」

マリ「ん?」

レイ「エヴァに頼らなくていい。あなたには、エヴァに乗らない幸せがある」

マリ「幸せ、ねぇ……しーあわっせはーあーるいってこーない……ってね」

レイ「…………」

マリ「そういう君の『エヴァに乗らない幸せ』は……シンジと一緒にいること、かな?」

レイ「…………」

マリ「シンジのこと、好きでしょ?」

レイ「……わからない。でも、一緒にいると、ポカポカする。碇君にも、ポカポカしてほしい」

マリ「……それが、好きってことじゃない?」ニッ


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:49:15.43:cF/00h7X0


葛城宅

シンジ「ただいまー」

マリ「…………」ショボーン

シンジ「……2号機のことは仕方ないよ。そういう決まりだし」

マリ「つまんない……」

シンジ「……元気だしなよ」ナデナデ

マリ「………にゃ」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:59:39.99:cF/00h7X0


リツコ「それじゃ、テストパイロットはマリで決まりね」




マリ「またエヴァに乗れる……うっふふー♪」

ミサト「がんばってきなさい」

マリ「ういー」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:04:13.90:xlCzSr9s0

やった!マリがいっぱい見える!!

って思ったけどアレ乗るのかぁ・・・


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:08:55.68:cF/00h7X0


3号機起動実験

マリ「さぁーて♪久々のエヴァ……っ!?」

バツン

リツコ「どうしたの!」

オペレーター「体内に高エネルギー反応」

ミサト「まさか……使徒!」

3号機「ウオオオオオオオオオオ!!」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:15:05.72:cF/00h7X0


シンジ「敵……これが使徒?」

ゲンドウ「そうだ。目標だ」

シンジ「目標って……エヴァじゃないか……マリが乗ってるんじゃないの……?」

3号機「ウオオオオオオオオオ!!」ガッ

シンジ「!?」

ガシャーン

ゲンドウ「なぜ戦わない、シンジ」

シンジ「だって、中にマリがいるんでしょ!できないよ!」

ゲンドウ「………ダミープラグを起動しろ」

マヤ「! ですが……」

ゲンドウ「やれ」

マヤ「……はい」





シンジ「やめろおおおおおおおおおおおおおおおお」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:19:22.14:cF/00h7X0


NERV施設内

アスカ「へっくしゅん! ううっ……寒っ」

カシュ プシューッ

アスカ「さすが新型スーツ、あたしにピッタリね!」

ゴゴゴゴゴ
                      . . . .
アスカ「さてと……やっと会えたわね。アタシの弐号機」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:29:45.79:cF/00h7X0


第10使徒侵攻中、地下エレベーター

ミサト「総力戦よ!わずかでもいい!食い止めて!」

ガガガガガ……

ミサト「エヴァー2号機!誰が乗っているの!?」

日向「わかりません!こちらからの出撃命令は出ていません!」



アスカ「んー……やっぱ仮設はダメね。エヴァはこうでないと」

ゴゴゴゴ……

アスカ「第五次防衛線を早くも突破……速攻で片付けろってことね!」

アスカ「どおおうぉおおりゃああああああああ!!」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:39:27.91:cF/00h7X0


避難シェルター

シンジ「…………」

ドガァァァ

シンジ「うっ!」

アスカ「いててて……ん?……なんだ、一機足りないと思ったらこんなとこにいたの……」

シンジ「…………」

アスカ「……あんた、バカァ? この大事な時にエヴァに乗らないなんて……」

シンジ「僕は、もう乗らないって決めたんだ」

アスカ「ホンット、バカね。だったら、さっさと逃げちゃいなさいよ……」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:45:39.22:cF/00h7X0

で、この後初号機が覚醒してQへと続くと。


「こんぐらいマリを出してくれれば良かったのに」って話でした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2sslibrary.blog.fc2.com/tb.php/85-b13b5e09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。