ブルー「レッドとナツメお姉さまを狭苦しいロッカーに閉じ込めた」

ここでは、「ブルー「レッドとナツメお姉さまを狭苦しいロッカーに閉じ込めた」」 に関する記事を紹介しています。

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:06:03.70 ID:iuEGngNE0
ブルー「近頃のレッドの横暴は目に余る」


ブルー「ナツメお姉さまの膀胱に深刻なダメージを与えて楽しんでいたわ」


ブルー「人としてどうかと思うの」


ブルー「そこで、やつめにお灸を据えようと思う」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:10:28.76 ID:iuEGngNE0
ブルー「目には目を歯に歯ということでレッドに深刻な困ったことをしましょう」


ブルー「というわけでナツメお姉さま」


ナツメ「うむ」


ナツメ「あやつの行為をこのまま断固として許すわけにはいかない」


ナツメ「私的に猛烈に協力しよう」


ブルー「よろしく」


ナツメ「よろしく」


ナツメ・ブルー「いえーい」ハイタッチ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:17:31.96 ID:iuEGngNE0
ナツメ「プランはレッドを困らせること」


ナツメ「困らせて恥ずかしがらせて泣かせること」


ナツメ「顔を真っ赤にして泣きじゃくるあいつを余裕の笑みで見下すこと」


ナツメ「実に正義の鉄槌だな」


ブルー「まるで正義のジムリーダーのようなジャスティスなプランね」


ナツメ「清く正しい心が今燃え上がっている」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:24:47.80 ID:iuEGngNE0
ブルー「そこでオーキド博士に相談したわ」


ナツメ「あぁ、博士にも協力をお願いした」


ブルー「博士は素晴らしいお方です」


ナツメ「私たちの愛と正義の魂胆を涙涙に語ると、博士も涙ながらに許せないと頷いてくれた」


ブルー「博士がおっしゃるには、具体的な方策としてロッカーが最適だと結論づけたわ」


ナツメ「ぐうの音も出なかったな」


ブルー「さすが名の知れたポケモンの権威ね」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:32:23.03 ID:iuEGngNE0
ブルー「このロッカーは、人間二人が入ったらぎゅうぎゅうで狭苦しい」


ブルー「顔の向きさえ満足に変えられないくらいとてもナロー」


ナツメ「スイッチを押すだけでレッドを中に召喚できるときた」


ブルー「これでもかというくらい愛と正義のロッカーね」


ナツメ「ひしひしとした威容を誇るロッカーだな」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:37:17.46 ID:iuEGngNE0
ブルー「ではナツメお姉さま、ご準備を」


ナツメ「あぁ」ガチャ、バタン


ブルー「中はどうかしら?」


ナツメ「狭い」


ナツメ「この狭さはまさに正義の鉄槌」


ブルー「頑張って下してね、ナツメお姉さま」


ナツメ「くくく、血湧き肉躍るわ」


ブルー「では召喚します」


ブルー「」ポチ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:43:25.41 ID:iuEGngNE0
ロッカーの中


レッド「――ッ!!??」パッ


レッド「――せ、狭ッ!? やわらかッ!!?? ってナツメぇッ!!??」


ナツメ「ようレッド」


レッド「お、おいどうなっているッ!!!???」


ナツメ「文字通り目と鼻の先で叫ぶな、うるさい」


レッド「どうなってんだッッ!!!???」


ナツメ「……私も引っかかってしまってな。これはブルーのいたずらみたいだ」


レッド「あ、あのやろう……」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:47:40.95 ID:iuEGngNE0
ナツメ「お前の背後に入り口があるんだが、押しても引いても空かなくてな。どうやら鍵を掛けられたようだ」


レッド「……エスパーの技でどうにかならないのか? テレポートとか」


ナツメ「うーん……」


ナツメ「……おりゃああああああ」


ナツメ「くのわあああああああ」


ナツメ「はうわあああああああ」


ナツメ「……できないみたいだなー」



レッド「そうか……」


ナツメ「」(心の中で舌を出す)

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:51:42.68 ID:iuEGngNE0
ナツメ「ブルーが飽きるまでこのままということだ」


レッド「……くそっ!! 早く出せってんだッ!!」


ナツメ「そうカッカするな」


ナツメ「ブルーのいたずらは今に始まったことじゃないだろ?」


レッド「……なんか随分と余裕だな」


ナツメ「そうか?」


レッド「……そう見える」


ナツメ「ふふふふふ……」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 22:59:17.00 ID:iuEGngNE0
レッド「なんだ気味悪い……」


ナツメ「いやなに、お前も余裕に思えてだな……」


レッド「なんだよ……?」


ナツメ「さっきから気づいていないようだが」


ナツメ「お前が喋って唇を動かすたびに私の唇に微かに触れている」


レッド「な……」


ナツメ「ブルーへの怒りでこの状況が見えてなかったか?」


レッド「くッ!!」


ナツメ「おいおい暴れるな」


レッド「口を拭きたいんだよ!!」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:03:26.17 ID:iuEGngNE0
ナツメ「む、失礼な」


レッド「当たり前だろッ!!」


ナツメ「おい……粋がるのは勝手だが、まだ状況が見えていないようだな」


レッド「なんだよ!?」


ナツメ「私がその気になれば顔を前へ突き出すことができる」


レッド「ばっ……や、やめろッ!!??」


ナツメ「そしてお前は後ろに逃げられない」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:06:22.20 ID:iuEGngNE0
ナツメ「狭くて狭くて顔もそらせないしなあ」


ナツメ「というわけでそんなわけで私のご機嫌を取った方がいいぞ」


レッド「このやろう……」


ナツメ「あ、今むかついたむかついちゃったどーしよー」


レッド「ごめんなさい」


ナツメ「ふふふふふ」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:12:37.58 ID:iuEGngNE0
ナツメ「いい機会だ。あれをしよう」


ナツメ「くっくっくっくっくっ」


ナツメ「ナツメちゃんどきどきシンキングタイム~」


レッド「やめてください」


ナツメ「ルールは簡単。私の質問に正直に答えること。嘘こいたら言うまでもなくお楽しみが待ってます」


レッド「勘弁してください」


ナツメ「ここでも嘘かどうかくらいならエスパーでわかるから」


レッド「堪忍してください」


ナツメ「じゃじゃん、クエスチョンその1」


レッド「やめて」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:18:19.12 ID:iuEGngNE0
ナツメ「ファーストキスは誰とでしたか?」


レッド「知ってんだろッ!?」


ナツメ「答えよ。制限時間を設けるぞもちろん制限時間が過ぎたら楽しい楽しいお楽しみが」


レッド「……め、目の前にいる人です」


ナツメ「名前で」


レッド「……ナツメ」


ナツメ「いやぁ~」ニマニマ


レッド「けどなあれはお前のエスパーで無理矢理だったからなッ!!!!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:24:12.74 ID:iuEGngNE0
ナツメ「唇触れてる触れてる」


レッド「くっ!!??」


ナツメ「じゃじゃん、クエスチョンその2」


ナツメ「あの時の唇の感触はどうでしたか」


レッド「もう……なんなんだよぉッ!!!???」


ナツメ「どうでしたか」


ナツメ「制限時間5秒前、ごーよんさんにー」


レッド「今答える今答えるからッ!!!」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:27:27.46 ID:iuEGngNE0
ナツメ「感触は?」


レッド「……」


レッド「……」


レッド「……や……やわらか……かっ……た」


ナツメ「もっと事細かに」


レッド「だから俺はお前が嫌いなんだよッ!!」


ナツメ「おっとナツメちゃんかちんときました。これはいけないですねー」


レッド「わかったわーったから!!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:35:23.08 ID:iuEGngNE0
レッド「……き、キスってこんなんだなって思ったよ」


レッド「柔らかくて心地良くて……」


レッド「同時にお互いの湿った音がいやらしくて……」


レッド「……初めは俺抵抗していたけど、そのうちその感触に引き込まれて」


レッド「次第になにもできなくなって……」


レッド「ナツメが離れてから、やっと我に返って……でもすぐに思い出して……」


レッド「…………ドキドキした」


ナツメ「色ガキ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:39:00.44 ID:iuEGngNE0
レッド「……誰からしたんだよ」


ナツメ「抵抗しなくなったくせに」


レッド「……うるさい」


ナツメ「顔を背けられないのはつらいなあ。顔真っ赤のお前の表情が丸見えだ」


レッド「……うるさいッッ!!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:44:30.79 ID:iuEGngNE0
ナツメ「というかなあ。さっきから」


レッド「?」


ナツメ「私の股に固いものが」


レッド「なッ……あッ!?」


ナツメ「じゃじゃん、クエスチョンその3」


ナツメ「どうしてそうなっているんだ?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:46:30.59 ID:iuEGngNE0
レッド「やめてくれ……」


ナツメ「答えよ」


レッド「やめてくれよ……」


ナツメ「答えよ」


レッド「頼むから……」


ナツメ「……レッド」


ナツメ「もしかして」


ナツメ「罰を期待しているのか?」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:48:19.83 ID:iuEGngNE0
レッド「してないッ!!」


ナツメ「じゃあ答えるしかないなあ」


レッド「なんなんだよ……もう……」


レッド「だからお前が嫌いなんだ……」


ナツメ「答えよ」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:50:02.30 ID:iuEGngNE0
レッド「……」


レッド「……」


レッド「…………」


レッド「……」


レッド「……ド」


レッド「ドキドキしている……」


レッド「から……」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:53:52.53 ID:iuEGngNE0
ナツメ「それで私のスカートの中に突き出し」


ナツメ「下着越しに私のに触れているわけか」


レッド「……」


ナツメ「色ガキ」


レッド「……」


ナツメ「口では嫌だと言っても本当は興奮してたまらない色ガキ」


レッド「……」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/02(水) 23:59:00.66 ID:iuEGngNE0
ナツメ「じゃじゃん、クエスチョンその4」


ナツメ「……」


ナツメ「……」


ナツメ「今、私と……」


ナツメ「キス……」


ナツメ「したいか……?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:00:50.13 ID:TJ9BpxRu0
レッド「……」


レッド「……ひどい」


レッド「ひどい。ひどすぎる……」


ナツメ「なにが?」


レッド「嘘を言ったら……するんだろ……」


ナツメ「そうだな」


レッド「本当のことを言っても……することになる……」


ナツメ「……」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:04:55.05 ID:YPJCCxxG0
ナツメ「……」


ナツメ「……」


ナツメ「できるなら……」


ナツメ「本当ことを言ってくれよ……」


ナツメ「嘘じゃなくて、本当のことを……」


ナツメ「私はお前の口から……本当のことを……聞きたい……」


ナツメ「レッド……頼む……」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:06:30.21 ID:YPJCCxxG0
レッド「……」


レッド「……」


レッド「……いやだ」


レッド「……いやだ」


ナツメ「どうして」


レッド「お前が嫌いだからだ……」


レッド「だからなにも言わない答えない……」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:09:47.76 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「だが時間制限がある……」


レッド「……」


ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「……」


ナツメ「そうか」


ナツメ「卑怯な奴め……」


ナツメ「時間制限で、答えずに、いいとこ取りか……」


レッド「……」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:12:42.63 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「意地っ張りめ」


レッド「……」


ナツメ「意地っ張りめ……」


レッド「……」


ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「……くっ」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:16:12.10 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(ブルー)」


ブルー「(え? なに?)」


ナツメ「(……頼む)」


ブルー「(……わかったわ)」


ブルー「(……頑張って)」


ナツメ「(あぁ……恩に着る……)」


ブルー「ふふっ、えい」(ナツメ側にロッカーを倒す)

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:19:10.57 ID:TJ9BpxRu0
バタンッ!!


ナツメ「――ッ!!」


レッド「あだッ!!??」


レッド「……あ」


ナツメ「……奇しくも」


ナツメ「……押し倒される格好となったな」


ナツメ「お前に……」


レッド「ぐっ……」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:22:34.26 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「首だけで耐えるか」


レッド「……」


ナツメ「首の力が尽きたときには……」


ナツメ「……ふふっ、まあ」


ナツメ「これも時間制限の一種か」


レッド「……」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:26:34.37 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「レッド」


ナツメ「私が嫌いなんだな」


レッド「……当たり前だ」


レッド「出会ってから俺をおちょくり、痛めるつけるばかりだ」


レッド「……大嫌いだ!」


ナツメ「ふふっ、そうか」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:30:03.17 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「お互いの胸が触れている」


レッド「……」


ナツメ「お互いの心臓の鼓動が聞こえる……」


ナツメ「お互いが高鳴っている……」


ナツメ「ははは、体は正直だな……」


レッド「……」


ナツメ「……意地っ張りめ」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:34:28.58 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「……わかった」


ナツメ「私とお前は……そういう関係だ」


ナツメ「……それを……望んでいるのか?」


レッド「……」


ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「……」


ナツメ「……」


ナツメ「(ブルー)」


ブルー「カメちゃん、お願い」(レッドの側に倒す)

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:37:30.88 ID:TJ9BpxRu0
バタンッ!!


レッド「……」


ナツメ「……こういうことか?」


レッド「……」


レッド「…………」


ナツメ「……そうだな」


ナツメ「私とお前は……出会ってからずっとこういう関係だったものな……」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:41:21.28 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「レッド」


ナツメ「私が嫌いか?」


レッド「嫌いだ」


ナツメ「そうか」


ナツメ「私は好きだ」


ナツメ「レッド……」


ナツメ「ん……」チュッ……


レッド「……ん」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:44:52.77 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「ん……」


レッド「……」


ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「……」


レッド「……ん」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:48:19.28 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「……ふぅ」スッ……


レッド「あ……」


レッド「……」


ナツメ「……」


ナツメ「レッド……クエスチョンその5だ」


ナツメ「これは何回目のキスだ?」


レッド「もう……覚えているもんか……」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:54:42.89 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「正解だ」


ナツメ「私も覚えていない」


レッド「……」


ナツメ「ふふっ、しかし、あれだ」


ナツメ「私の下着ひどいな……ぐちゃぐちゃで、気持ち悪い」


ナツメ「お前もだろ、レッド」


レッド「…………」


ナツメ「時間切れ…………んぅ……」チュッ……


レッド「ん……」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 00:58:58.64 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(ブルー……)」


ナツメ「(これで最後だ……)」


ブルー「(うん)」


ブルー「(頑張ってね)」


ナツメ「(ありがとう……)」


ブルー「カメちゃん……お願いね」(ナツメの側に倒す)

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:01:05.56 ID:TJ9BpxRu0
バ……タン……


ナツメ「ん……ん……」


レッド「んぅ……」


ナツメ「……」


レッド「……」


ナツメ「ん……」


レッド「んん……」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:05:28.22 ID:TJ9BpxRu0
……


…………


ナツメ「……」


レッド「……」


レッド「…………」


レッド「……」スッ……


レッド「……くっ」


ナツメ「ふふふ……離れようと思えばいつでも離れられる状況になっていたのにな」


ナツメ「また私の感触に引き込まれていたのか」


レッド「……」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:08:58.95 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「……さっきから股が痛い」


ナツメ「お前がぐいぐいと押してくるからだ」


レッド「……」


ナツメ「おかげで下着が気持ち悪くて仕方がない……」


ナツメ「でも、それはお互い様だな……」


レッド「……」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:14:01.58 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「これは下着に守られているということかな」


レッド「……」


ナツメ「……いや、邪魔しているのかな?」


レッド「…………」


ナツメ「どっちだろうな、レッド」


レッド「……」


ナツメ「お前は自分のズボンと私の下着をはちきらんばかりだがな」


レッド「……」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:17:08.68 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「レッド、一つ教えとこう」


レッド「……」


ナツメ「テレポートでここから脱出はできない」


レッド「……」


ナツメ「だがな」


ナツメ「お互いの衣服ぐらいならテレポートできるとしたら?」


レッド「――ッ!!??」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:19:36.95 ID:TJ9BpxRu0
レッド「やめろ……ッ!」


ナツメ「説得力がないぞ。股が痛い」


レッド「やめてくれ……」


レッド「やめてくれよ……」


ナツメ「どうしてだ?」


ナツメ「お互いがこんなになっているのに」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:23:56.61 ID:TJ9BpxRu0
レッド「だって……こんな……」


ナツメ「テレポート!」


レッド「やめ――ッ!!??」


ナツメ「ははははは、冗談だ」


ナツメ「ははは」


ナツメ「今のはな」


レッド「もう……やめて……くれ……」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:28:17.62 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「やめない」


ナツメ「やめるものか」


ナツメ「私をこんなにしたくせに」


ナツメ「ロケット団やサカキを忘れさせ」


ナツメ「代わりに、肌の手入れや化粧を覚えさせたくせに」


ナツメ「誰のせいだと思っているんだ」


ナツメ「全部全部それもこれも全部」


ナツメ「お前のせいだ」


ナツメ「レッド」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:38:43.18 ID:TJ9BpxRu0
レッド「俺は……そんな……こと……」


ナツメ「自分がなにをしたのかわかっているのか」


ナツメ「ロケット団の幹部として将来を約束され……」


ナツメ「前途洋々だった人生……支配者の一人になれるはずだったのに……」


ナツメ「今では私はなんだ」


ナツメ「毎日毎日鏡を見て、身だしなみに気を使って、私をこんな目に遭わせた奴を思って思って夜も眠れなくて」


ナツメ「……ふざけるな」


ナツメ「私の人生をめちゃくちゃにしたんだッ!!」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:49:51.26 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「レッド」


ナツメ「償え」


ナツメ「朝起きて夜寝り、また起きるまで、私のそばを離れず私を思い」


ナツメ「私を抱き、キスし、契り」


ナツメ「私に困り、私に恥ずかしがり、私に泣け」


ナツメ「お前の一生をもって」


ナツメ「私に償い続けろ」


ナツメ「償い続けるんだぁッ!!」


ナツメ「テレポートぉッ!!!」ピピピピピッッ!!

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 01:56:28.98 ID:TJ9BpxRu0
レッド「あぁぁ――ッッ!!!!」バッ!


ナツメ「ふん、腰を引いたか」


レッド「うぅぅ……」グググッッ……


ナツメ「だがな、やけどしそうなくらい固く熱くなったものが私のに触れている」


ナツメ「少しでも腰が緩めば入ってしまう」


レッド「うぅぅ……うっ……うぅぅ…………」ポロ……ポロ……

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:01:56.55 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「レッド」


ナツメ「レッド」


ナツメ「キスしよう……」


ナツメ「んっ……」チュッ……


レッド「んん……」ポロ……ポロ……


ナツメ「んっ……んっ……んんっ……」レロ……レロ……クチュ……


レッド「んんぅ…………ん……」ポロ……ポロ……


ナツメ「」レロレロ……クチュッ……ンチュ……

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:05:08.16 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(レッド、聞こえるか?)」


レッド「(……)」


ナツメ「(今、お前の心にテレパシーで語りかけている)」


レッド「(……)」


ナツメ「(レッド)」


ナツメ「(好きだ)」


レッド「(やめ……やめて……くれ……)」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:08:57.64 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(今私が感じている、この感触、動き、味)」


ナツメ「(それだけじゃない)」


ナツメ「(お前の仕草、心、思いやり)」


ナツメ「(お前のすべてが好きだ)」


ナツメ「(好きなんだ、どうしようもないくらい)」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:21:30.92 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(お前を知って好きになった)」(レッドのを自分のにあてがう)


レッド「(やめっ……!!??)」


ナツメ「(私に当て擦りながらも気遣ってくれていること)」


ナツメ「(キスするときに優しく唇を当てていること)」


ナツメ「(言い尽くせないくらいいっぱいいっぱいあるけど)」


ナツメ「(なによりもなによりも)」


ナツメ「(私がレッドを好きであるように)」


ナツメ「(レッドが私を好きであること)」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:27:27.57 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(愛してる)」


レッド「(あぁ……)」


クチュッ……


ナツメ「(愛してる)」


レッド「(あぁ……ッ!!)」


ズズ……


ナツメ「(愛してる)」


レッド「(あぁぁぁああ……ッッ!!!)」


ズズズズズズ……

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:31:20.27 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「(愛してる)」


レッド「(ああああ――あぁぁあああああ……ッッ!!!!)」


ズズズズズズズズ


ナツメ「(……)」


ナツメ「(レッド)」


ナツメ「(レッド)」


ナツメ「愛してる」


レッド「あぁぁああああああああああ――ッッッ!!!???」


――――ズチュンッッッ!!!!!

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:36:57.33 ID:TJ9BpxRu0
レッド「あぁぁぁ……うぁぁぁ…………」ポロポロ……


ナツメ「ふふふ……レッド……とうとう掴まえたぞ」


ナツメ「もう離さないからな……」ギュッ……


レッド「あぁ……うぁ……ナツ……メ……」ポロポロ……


ナツメ「お前も、よく頑張ったな……」


ナツメ「もう素直になっていいんだ……」ナデナデ

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:40:32.78 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「私にキスしたい?」


レッド「したい……」


ナツメ「私を抱きたい?」


レッド「抱きたい……」


ナツメ「私の奥に届いているこれを、思う存分動かしたい?」


レッド「動かしたい……」


ナツメ「レッド」


ナツメ「レッド……」


ナツメ「私が……好き?」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:42:24.90 ID:TJ9BpxRu0
レッド「……」


レッド「……」


レッド「ナツメが……」


レッド「好きだ……」


ナツメ「私もだ……」

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:47:22.44 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「私にキスして、思う存分突いて」


ナツメ「何度も何度も」


ナツメ「数え切れないくらい」


ナツメ「これから一生」


ナツメ「私に好きと言って」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:48:29.80 ID:TJ9BpxRu0
ナツメ「愛している、レッド」


レッド「愛している、ナツメ」


レッド「ん……」チュッ……


ナツメ「んん……」


ズチュッズチュッズチュッズチュッズチュッズチュッ…………


……


…………

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:51:04.46 ID:TJ9BpxRu0
ブルー「……よいしょっと」スタッ


ブルー「えーと……」


ブルー「う~ん…………」


ブルー「とりあえず…………」


ブルー「一日後に来るわ」


ブルー「じゃあ、またね。ナツメお姉さま、レッド」バイバイ

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:52:53.12 ID:TJ9BpxRu0
オーキド「レッドに天誅じゃっ!!」


おわり

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2sslibrary.blog.fc2.com/tb.php/2-c13acb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング