俺「彼女ができた」 妹「はっ!?」

ここでは、「俺「彼女ができた」 妹「はっ!?」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 14:52:23.16 ID:apD3PZsM0

妹「嘘でしょ?w」

俺「マジで」

妹「誰?どんな人?」

俺「幼馴染」

妹「うわーw近いとこいったね、あんたw」

俺「だって好きだったんだもん」

妹「無いわーw妹くらい近ければ逆にありだけど、幼馴染さんは無いわーw」

俺「妹のほうがダメだろ」

妹「べ、別にあたしと付き合えって言ってないでしょっ…///例えよ、例えっ」

俺「セックスのやり方教えろ」

妹「はっ?え、えっちすんの!?」

俺「する、今日する」

妹「ぐ、ぐぬぬ…」
21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 14:57:31.16 ID:apD3PZsM0

俺「良いから教えてくれ」

妹「あ、あたしだって知らないよっ…ばかぁっ!!」

俺「あ、お前も知らないんだ…ま、俺は今日知っちゃうんだけどなw」

妹「だ、だいたい幼馴染さんもちょっと体許すの早すぎでしょ!!」

俺「えー?そうか?」

妹「そうだよっ、普通の女の子はそう簡単にさせたりしないもん!!」

俺「そんなことねーだろー」

妹「あるもんっ…あたしが誰のために処女取ってたと…思ってんのよ…」

俺「ん?なんか言った?」

妹「なんでもないもんっ!!ばかぁっ!!」ダダダッ…



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:01:03.77 ID:apD3PZsM0

妹「お兄ちゃんのばかぁ…」

ピンポーン

幼馴染「おじゃましまーす」

俺「おーwあがってあがってー」


妹「っ!!…やつが来たっ…」


バタンッ


妹「なんなのっ!?すぐにお兄ちゃんの部屋に入って!!…くぅぅ…」


シーン…


妹「物音ひとつしない…まさかもう始めてっ…!?」コソコソ…

妹「…なんで聞き耳立ててるんだろ…はぁ…」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:05:02.91 ID:apD3PZsM0

妹「そうだっ!!二人にジュース持って行こう!!うん、邪魔するんじゃないもんね、ジュースだもんね」

タッタッタ…

妹「おかーさん、お兄ちゃん達にジュース持って行くー」

母「あー、ありがとう、じゃお願いねー」

妹「はーい」

タッタッタ…

妹「くふふ…完璧な作戦!!これでえっちしてたらお母さんに報告して…むふふ…」

コンコンガチャッ!!

妹「お、お、お、お兄ちゃん!!ジュース持ってきたぁっ!!」

俺「おー、さんきゅー」

幼馴染「あっ、妹ちゃんこんにちわーwお邪魔してまーす」

妹「あっ…こ、こんにちわぁ…」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:09:54.50 ID:apD3PZsM0

妹「そ、そ、それじゃーっ///」

俺「お前もしかして俺達のえっちを邪魔しようと…(ボソッ」ニヤニヤ…

妹「な、な、なっ…何言ってるのっ!?ばっかじゃないのっっ!!」

バタンッ…ダダダッ…



妹「負けたぁーっ!!その上見透かされてたぁーーーっ!!」ジタバタジタバタ…

母「何に負けたのー?」

妹「えっ?あっ…いや…なんでもないっ///お部屋戻りまーす…」

母「はーいっ」


バタンッ…

妹「はぁ…悲しい…もう望みないじゃん…おな○ーするしかないじゃん…」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:16:10.41 ID:apD3PZsM0

幼馴染「やっ…んっ…」


妹「っっ!?」



俺「可愛いよ…幼馴染っ…」

幼馴染「やだっ…///恥ずかしいっ…///」



妹「にゃぁぁぁっ!?な、なんなのよぉぉっっなんで聞こえてきちゃうのよぉぉっ!!」ジタバタ…


妹「落ち付け…落ち付けあたし…おな○ーして賢者たいむよっ」

ガサゴソ…

妹「ああーーっ…なんであたしのオカズコレクションはお兄ちゃんネタばっかなのよぉーっ」ジタバタ…



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:23:33.75 ID:apD3PZsM0

妹「んっ…お兄ちゃんっ…お兄ちゃん…」クチュクチュ…


俺「ねぇ…良いだろ…?」

幼馴染「うん、良いよ…入れて…」


妹「…これは切なすぎるわ…でも…気持ち良いだろうなぁ…」クチュクチュ…


俺「あっ…」

幼馴染「だめっ…!!」


妹「あっ…イッたんだっ…おにぃちゃんっ…おにいちゃんっ…イクっ・…!!」

コンコンガチャッ!!

俺「ジュースこぼしちゃったんだけどタオルねぇかな?…な、なにやってんの…?」

妹「―――ッッ///」

俺「えっ!?…えと…あの…ごめん…」

妹「で、出ていってよっ!!ばかぁっ!!」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:31:12.57 ID:apD3PZsM0

俺「ま、まずいことになった…」

幼馴染「どうしたのー?」

俺「あの…妹のオナ○ー現場に踏み込んでしまった…」

幼馴染「えっ!?…あ、そ、そうなんだっ///」

俺「しまったなぁ…俺があんなこと言ったからかなぁ…」

幼馴染「まーた変なこと言ったの…?」

俺「うん、お前と付き合ってて今日えっちするって…」

幼馴染「はぁっ!?写真部にモデルとして入る話しに来ただけでしょっ!!」

俺「はい…」

幼馴染「そもそも俺君とあたし付き合ってないじゃんっ!?」

俺「はい…ごめんなさい…」

幼馴染「はぁ…あのさー、見ててわかるでしょ?妹ちゃんが俺君好きなの…」

俺「えっ!?マジでっ!?」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:34:49.63 ID:apD3PZsM0

幼馴染「気付いてなかったのっ!!?」

俺「うん…だって妹だし」

幼馴染「でも血は繋がってないんでしょ?」

俺「そりゃぁ…まぁ…」

幼馴染「はぁ…あたしもう帰るから、ちゃんとフォローしとくんだよ!!」

俺「らじゃー」

幼馴染「らじゃーじゃないっ!!」バシッ

俺「は、はい…ごめんなさい…」

バタン…


俺「はぁ…とりあえず、妹に謝りに行くか…」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:40:05.13 ID:apD3PZsM0

妹「ああー…もうお終いだぁー…完全におなってるのバレたぁ…」

妹「幼馴染さんも帰って行ったし…邪魔するのは成功したけど…あたしの犠牲のほうが大きい…」

妹「でも…お兄ちゃんに見られたって考えると…ちょっと興奮するっ///」クチュクチュ…


ガチャッ

俺「さっきはごめ…」

妹「――っっ///あっ…あんたねぇっ…!!」

俺「ま、待て…悪気は無いんだっ…ああっ…」

バチコーンッ


俺「…ほんとしゅいませんでした…」

妹「ふんっ…」



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:45:33.55 ID:apD3PZsM0

俺「あ、あの~…」

妹「何よっ!?へんったいっ!!」

俺「もう一個…謝りたいことが…」

妹「まだあんのっ!?」

俺「あ、はい…あのー…嘘でした…」

妹「へっ…?」

俺「幼馴染と付き合ってるのも…今日えっちする予定だって話も…」

妹「なぁーんだっ!!まだ望みあるじゃん、あたしっ!!」

俺「えっ?」

妹「ハッ!…な、なんでもないわよっ///」

俺「あの…それでさ…幼馴染が言ってたんだけど…」

妹「な、なによっ…///」

俺「お前って俺のこと好きなの?」

妹「――っっ///」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 15:50:10.06 ID:apD3PZsM0

妹「なっ、何言ってんのっ!?そんなわけないでしょっ///」

俺「やっぱそうだよなーw」

ガタッ…

妹「あっ」

俺「んっ…?」

ペラペラペラ…

妹「ちょっ…勝手に…っ」

俺「…『おにぃちゃん…気持ち良いよぉ…』…エロ本…」

妹「にゃぁぁぁぁぁ…///」

俺「えっと…俺のこと好きじゃないんだよね…?」ニヤニヤ…

妹「あぅぅぅ…」



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 16:00:56.13 ID:apD3PZsM0

俺「おにぃちゃん気持ち良いよぉ…」ニヤニヤ…

妹「やっ…やめてぇー…///」ジタバタ…

俺「おにぃちゃんだいしゅきぃ…」ニヤニヤ…

妹「あぁぁぁぁぁー…///」ジタバタ…

俺「で、俺こんなんだけど…ほんとに俺で良いの…?」

妹「へっ?」

俺「だから…ほんとに俺で良いのかよ…俺みたいなやつで…///」

妹「えっ、えっ…あの…うん…///」コクリ…

俺「俺エロいけど…?w」

妹「知ってるっw」

俺「じゃあ、よろしく…///」

妹「あの…うんっ…よろしく///」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 16:05:16.10 ID:apD3PZsM0

妹「あの…さ…え、エロいのはわかるんだけど…///」

俺「んっ?どうしたっ?」

妹「なんで急にちん○ん出したのっ…///」

ボロロンッ

俺「えっ!?出てた?うわぁー気付かなかったわー…どうしよっか…する?w」

妹「ええっ!?…ほ、ほんとにっ…?///」

俺「いや、お前次第だけど…思い切ってしよっか?w」

妹「やりたいんじゃんっw」

俺「だってねぇー…おにぃちゃんっ…ってオナ○ー見せられたらねぇ?w」

妹「あぅぅー…い、いいよっ…しても…///」



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 16:16:37.72 ID:apD3PZsM0

俺「じゃあ…もう勃ってるし、お前濡れてるし…入れちゃって良いですかね?w」

妹「っ///ばかぁ…///いいよっ…」

くぱぁ…

俺「うわぁ…えろぉー…」

妹「そ、そんなにじっくり見ないでよっ…///」

俺「じゃあ入れまーすwww」

ニュルッ…

俺「うわっ…気持ち良いっ…」

妹「えっ…あのっ…お兄ちゃん…?」

俺「はぁ…はぁ…気持ち良いっ…妹っ…可愛いよっ…妹っ…」

妹「ちょっ、ちょっと待ってっ…待ってってばっ!!」

俺「ああぅっ…ダメだっ…もぅ…イクっ!!出すぞっ!!妹に出すぞっ!!」

ドピュッドピュッドピュッ…

妹「きゃぅっ!?…あ、あんたさぁ…」



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/13(金) 16:24:33.12 ID:apD3PZsM0

妹「入って無いんだけどっwww」

俺「へっ…?」

妹「あんたっ…あたしのま○こに擦りつけてただけだけど…///」

俺「…入ってない…?じゃあ…俺は…」

妹「まだ童貞っw…あたしもまだ処女///」

俺「なんてこったいっ!?」

ヘナヘナァ…

俺「ああっ…もう勃たないっ…賢者タイム来ちゃったぁぁぁぁっ!!」

妹「ばぁーかっ…残念でしたっwおあずけだねっw」

俺「神よぉぉぉぉぉぉ!!なぜだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!」


~ fin ~


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2sslibrary.blog.fc2.com/tb.php/163-3a5a964f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。