桐乃「ツイスター・・・ゲーム・・・?」

ここでは、「桐乃「ツイスター・・・ゲーム・・・?」 」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:42:32.16:FwatedSz0


京介「あぁ、そうだ。知らないか?」

桐乃「・・・し、知ってるわよ。常識よ常識!」

京介「そうか、なら話は早い。二人でやろう」

桐乃「はぁ!?」
2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:44:59.07:FwatedSz0


桐乃「なんであたしがあんたと二人でゲームやらなきゃいけないのよ!」

京介「兄妹の親睦をはかるためにな」

桐乃「キモ・・・あんた、まじシスコンだよ?キモいよ」

京介「そっかー残念だな。でも、嫌なら仕方ない変わりに黒猫とやるか」

桐乃「!?」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:48:01.45:FwatedSz0


桐乃「な、なんでそこで黒いのがでてくるのよ!」

京介「だってお前やりたくねーんだろ?だったら黒猫とやるしかないじゃん」

桐乃「~ッ!!」

京介「あっ、そーだあやせとしようかな・・・」

桐乃「あーっもう!はいはい!分かったわよ!やればいいんでしょやれば!!」

京介「おお、分かってくれたか!」

桐乃「勘違いしないでよね!あんたみたいなキモいのが人様に迷惑をかけてらいけないと思って私が引き受けてあげるんだからねっ!」

京介「うんうん」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:52:48.79:FwatedSz0


桐乃「なにニヤけてんのよ、このシスコン・・・ほら、はやく準備しなさいよ」

京介「・・・じゃあ上に行こうか」

桐乃「? なんで上行くの?上、テレビないじゃん。それって携帯ゲーなの?」

京介「あれ、知ってるんじゃなかったけ?」

桐乃「! し、知ってるわよ!ただ据え置き版か携帯版か聞いただけじゃん!」

京介「う~ん、どっちでもないんだなこれが」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:55:07.38:FwatedSz0


桐乃「? ・・・えーと、パソゲだったけ?」

京介「ま、いいからいいから上行こう、なっ?」

桐乃「いいけど・・・うち、きょうお母さんいないんだし、下でもよくない?」

京介「・・・俺の部屋の方が捗るんだよ色々」

桐乃「ふーん・・・ま、いいけどどこでも」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:57:46.02:FwatedSz0


京介の部屋

京介「ほら、入れよ」

桐乃「・・・なにこの趣味悪い敷物」

京介「これか?」

桐乃「マーブル模様の敷物とか、はっきりいってあんたの部屋に合ってないよ、それ」

京介「知らないのか?これがツイスターゲームなんだぞ」

桐乃「えっ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:00:36.23:/weK0kDH0


桐乃「・・・あ、あっー!そっちのツイスターゲームねっ!勘違いしてた」

京介(なにと勘違いしてたんだ)

京介「ほんじゃまー、ルールを説明するぞ」

桐乃「う、うん」

京介「これは本来多人数用なんだが、今日は二人用のルールでやるからな」

桐乃「おkおk」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:04:37.89:/weK0kDH0


京介「まずこのマットの上にたつ」

桐乃「ふむふむ」

京介「それでまず、どちらかが手足つまり右手、右足、左手、左足の一つを宣言するんだ」

桐乃「? ふーん」

京介「そのあと、今度は反対の人が色を宣言する。赤、青、黄、緑な」

桐乃「ほいほい」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:08:33.93:/weK0kDH0


京介「ちょっと試してみるか・・・まず俺がいうから」

京介「『右手』」

桐乃「えーと、『赤』?」

京介「そう。そんな感じだ。これで指示が『右手』で『赤』と決まったわけだ」

桐乃「ええと、つまりその指示通りにこのマットの上の点に手とか足を動かせばいいのね?」

京介「そうだ!理解が早いぞ桐乃!」

桐乃「・・・ば、バカにしてんの!?///」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:12:46.80:/weK0kDH0


桐乃「よーするに体感の勝負ってわけね!」

京介「まあ、そうだな。関係ないところに手を付いたり、ころんだりしたら負けだ」

桐乃「ふっふ~ん♪いいの?あんた負けるよ?」

京介「大した自信だな」

桐乃「当たり前じゃん!あたしスポーツ万能だし~陸上で体感トレーニングもやってるし~負けるはず無いじゃん」

京介「・・・じゃあ早速はじめるか」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:15:06.51:/weK0kDH0


桐乃「じゃー、あたしからやるから!」

京介「? 何言ってんだ、桐乃?」

桐乃「はぁ?だから~、あたしが先にマットでバランス取る役やるから、あんたは何回できるか数えててよ」

京介「・・・桐乃、これは二人同時にマットの上でやるんだぞ?」

桐乃「・・・はぁぁぁ!!?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:17:38.02:/weK0kDH0


桐乃「なっ・・・そ、それじゃぁ、くっついちゃうじゃない!」

京介「あぁ、そうだな」

桐乃「そうだなって・・!」

京介「なにか問題が?俺たち兄妹だぞ?なに意識してるんだお前」

桐乃「・・・キモ!ほんっとありえない!マジキモイから!!」

京介「やっぱり、真奈美とやるかなぁ」

桐乃「!・・・うぅ・・・」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:20:21.77:/weK0kDH0


京介「沙織は・・・いいや」

京介「えーと携帯携帯。黒猫に電話しねーとな」

桐乃「・・・わかったわよ!やるわよ!やればいいんでしょ!!」

京介「はは、桐乃はかわいいな~」

桐乃「!? あ、あんた、どうしたの今日・・・!?おかしいよ・・・!」

京介「どうした桐乃?やるぞ?」

桐乃「・・・」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:23:35.23:/weK0kDH0


京介「まずは『左手』!」

桐乃「・・・『黄色』」

京介「はいはい『左手・黄色』ね・・・よっと」

桐乃「ち、ちょっと!なんでわざわざあたしに近い方の黄色にくるのよ!!」

京介「? どうした桐乃、顔が赤いぞ?」

桐乃「・・・ッ!『右手』ッ!」

京介「うい、『赤色』」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:25:30.90:/weK0kDH0


桐乃(もう・・近い!最悪・・・!)

京介「あー、桐乃。すまん、一つルール言うの忘れてたわ」

桐乃「なによ」

京介「これ一度負けるごとに、服を一枚脱がなきゃいけないんだ」

桐乃「はぁぁあ!!?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:27:22.93:/weK0kDH0


京介「それじゃー『右足』な」

桐乃「あ、あんた今なんて・・・!」

京介「『右足』」

桐乃「その前ッ!!」

京介「? あぁ、服を脱ぐルールのとこか?」

桐乃「そこよそこ!!そんなの嘘でしょ!今あんたが勝手に作ったルールでしょ!!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:32:52.06:/weK0kDH0


京介「なんてこというんだ桐乃・・・お前、ツイスターゲームのルールのことも知らないのか?」

桐乃「知らないわよ!そんな変態みたいなルール!!」

京介「変態なんてひどいな。これは由緒あるお座敷遊びなんだぞ?」

京介「桐乃、例えば野球拳だ。あれだって格式あるお座敷遊びだが服は脱ぐだろ?あれも変態か?」

京介「かつてギリシアで開かれたオリンピックはみんな、全裸で参加したそうだ。これは変態なんかじゃないだろ?つまりかつてより裸は神聖なものであって」

京介「国技である相撲なんて褌一枚だ。それをお前は変態なんていって馬鹿にするか?しないだろ?それとこれとでなにが違うと」

京介「そもそも、俺とお前は兄妹だ。なにを恥じる必要がある。互いに黒子の数まで知り尽くした仲だろ?今更何を」

桐乃「え・・・あ・・・うん・・・そう、かな?・・・そうかも・・・」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:35:29.93:/weK0kDH0


京介「分かってもらえたなら嬉しいぞ!さ、次はお前の番だ」

桐乃「えっ?・・・あ、うん・・・『青色』?」

京介「よし、いい子だ!『右足・青色』だぞ」

桐乃「う、うん・・・わかってるわよ・・・」

京介「・・・きれいな足だなぁ」ナデナデ

桐乃「ちょ!?な、なに触ってんのよ!!」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:36:16.33:y1UfQM2f0

京介の皮を被ったおっさんだなこれ


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:39:04.28:/weK0kDH0


京介「落ちつけ桐乃、これも作戦なんだぞ」ナデナデ

桐乃「さ、作戦ってなによ!いやらしい!!」

京介「このツイスターゲーム、指示されたところ以外が地面に接してはならない」ナデナデ

京介「が!」ナデナデ

京介「逆に言い換えると、地面以外はさわり放題だ!これを駆使して相手を倒すのも一つの手なんだよ」ナデナデ

桐乃「ふーん・・・じゃあ殴るのもありよね?」

京介「え?」ナデナデ

バキッ!!


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:42:16.63:/weK0kDH0


桐乃「はい!一回戦は私の勝ち!ざまあみなさいっての!」

京介「いてて・・・」

京介「まあ、いいさ先は長い。なにせ十回戦だからな」

桐乃「は、はぁぁぁ!?そんなにやってたら両方とも服なくなるじゃん!!」

京介「勝ち続ければ問題ないだろ?」カチャカチャ

桐乃「え・・ち、ちょ!ちょおお!!なんでズボン脱ごうとしてんの!!?」

京介「なんでって・・・負けたからな、ルールだろ?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:44:57.26:/weK0kDH0


桐乃「いや!そうだけど!」

京介「なに焦ってんだ?」

桐乃「だ、だ、だって!靴下とか!上着とか!脱ぐもんいっぱいあるのになんでズボンから!!?」

京介「ははっ、男はだいたいズボンから脱ぐのが好きなんだぞ」

桐乃「えっ!?ま、マジ・・・?」

京介「桐乃はなんにも知らないな~。そういうところがかわいいんだけど」

桐乃「は・・・はわわ・・・///」

京介「よしっ!脱ぎ終わった、二回戦だぞ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:48:32.81:/weK0kDH0


桐乃(こいつ・・・白ブリーフだったんだ・・・)

京介「ほら、桐乃、言えよ」

桐乃「え・・・あっ、えーと『左足』」

京介「『緑色』。『左足・緑色』だな。よっと」

桐乃「ぎゃああ!ち、ちょっとぉぉっ!!!下半身近づけないでえええ!!」

京介「しょうがないだろ、ツイスターなんだから、ウリウリッ」

桐乃「下半身を揺らすなああああああああああ!!!!」

京介「桐乃、膝。膝ついてる」

桐乃「あっ・・・」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:49:34.49:c+Aygd8n0

白ブリーフwww


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:50:56.57:/weK0kDH0


京介「はい、二回戦は桐乃の負け」

桐乃「ち、違っ・・!今のは違うの!!」

京介「ちーがーいーまーせーん。ホラ!脱げ脱げ!」

桐乃「・・・くぉぉのぉぉぉ!」

京介「桐乃!いい加減にしないか!!!」

桐乃「!?」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:54:41.21:/weK0kDH0


京介「お前は、負けを認められる奴じゃなかったのかよ・・・」

桐乃「は、はぁ!?なにいっって・・」

京介「俺がアメリカにいったときだ!」

京介「お前は、あんな小さい子に陸上で負けて、悔しがってたよな」

京介「でも、俺は、俺の妹はすげえって思ったんだ!」

京介「例え、あんな幼女相手でも言い訳せず、ちゃんと負けと認めることができるお前を、俺は誇りに思ったんだ!!」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:57:40.07:/weK0kDH0


桐乃「・・・で、でもっ」

京介「お前の好きなゲーム、シスカリ、覚えてるか?」

桐乃「? あ、当たり前でしょ・・・」

京介「そう、妹格闘ゲーム『シスカリプス』。通称シスカリ・・・この格ゲで負けたキャラがどうなるか、覚えているか!?」

桐乃「あっ」

京介「そう!!服が破れるんだよおおお!!服が敗れて裸になるんだよおおおお!!!」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:59:11.83:280xXL8NO

なんだこのおっさんwwwwww


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:00:33.86:/weK0kDH0


京介「シスカリはそうなのに・・・お前は!お前はああああ!!!」

桐乃「わ、分かった!脱ぐわよ!脱ぎますっ!」

京介「桐乃」ニコッ

桐乃「それじゃぁ・・・靴下かr」

京介「・・・」ギロッ

桐乃「ひっ!わ、わかったわよ!!どこ脱げばいいのよ!!?」

京介「>>73」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:01:08.49:W9KfoxEZ0

パンツ


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:02:40.60:CI3j5Nnk0

兄貴最低だなwww


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:05:42.45:/weK0kDH0


京介「パンツに決まってんだろおおおおおぉぉぉォォォ・・・ォゴホッゲヘッゴホッカーペッ・・・おおお!!!!」

桐乃「や、やだっ・・・」

京介「やだじゃない!脱げ!安価は絶対!!」

桐乃「やだぁ・・・」ジワッ…

京介「・・・桐乃、お前は自慢のかわいい妹だ。好きだ。大好きだペロペロ」

桐乃「・・・え」

京介「お願い、パンツ脱いで。お願いします」

桐乃「・・・」

桐乃「・・・うん、おにぃちゃん」ヌギヌギ


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:07:46.63:fEIpKZXM0

おい!!
幼児退行しちまったあぞこの子!!


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:09:30.43:/weK0kDH0


京介(あぁもう、こうなりゃチョロイもんだぜ!)

桐乃「・・・はい、脱いだよ」

京介「どれ、貸しなさい・・・へェ、縞パンとはわかってるな」スンスン

桐乃「に、臭わないでぇ・・・」

京介「よしよし、いい子いい子。さっ、三回戦だぞ、桐乃!」

桐乃「うん、おにぃちゃん!」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:11:04.50:M9Z1h1H8O

いつの間にか可愛い生き物と入れ替わっていた


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:12:50.37:/weK0kDH0


京介「どっちの番だっけ?忘れたわ。俺からいくな、『右足』『左足』!」

桐乃「えっ?な、なんで二つ・・・?」

京介「いいからいいから、マイラブリーエンジェルの時間だゾ☆彡」

桐乃「う、うん・・・あたしも、二色いうの?」

京介「ダメ」

桐乃「え?」

京介「色は、一色」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:17:18.60:/weK0kDH0


桐乃「・・・は、はぁ!?なんでよ!そんなことしたら・・・」

京介「したら?」(ヤベ、はやくも戻ってきた)

桐乃(思い切り足を開かないと出来ないじゃない・・・!)

桐乃(パンツはいてないのに・・・あれ?なんでパンツはいてないんだっけ、あたし?)

京介「色ー『黄』」

桐乃「はぁあ!?なんであんたが色宣言してんのよ!!?」

京介「知らないのか、桐乃?ルールでは10秒以上宣言しないと(ry」

桐乃「ふぇ・・・あ・・・うん・・・わかったぁ・・・」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:20:36.55:/weK0kDH0


京介「いい子いい子、色は『黄』だぞー」

桐乃「わかってるわよぅ・・・黄色でしょぅ・・・」

桐乃「『右足』とぉ・・・」グー

桐乃「『左足』ぃ・・・」ググー

桐乃「はい・・・簡単じゃん・・・」

京介「oh 日本の夜明けぜよ!!」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:24:41.57:/weK0kDH0


京介「ああ、なんてすらりとした綺麗な肢体・・・」

京介「かわいいフリルのスカートよりのびるすらりとした足・・・」

京介「このうっすら汗をかいた白い美脚線をたどっていくと・・・」

京介「そこはびっくりチョモランマ!!」

京介「桐乃、お前意外と濃いんだなぁ。嫌いじゃないぞ!」

桐乃「・・・はぁ?」

京介「どーれ、味見だペロペロ」

桐乃「?」

桐乃「・・・・」

桐乃「きゃあああああああああああああああああああああああああああああくぁwせdrftgtyふじこおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!11」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:30:09.90:/weK0kDH0


桐乃「なにしてんのよお!なにしてんのぉぉおおおお!!??」

バキッ!バキッ!!!

京介「イテッ!イタイい!暴力反対!」

桐乃「最悪!あんたもう完全に地面についてるじゃない!!負けよ!あんたの!離せぇえ!」

京介「負け?あぁ、ツイスターね。もう、いいや、それ」ペロペロ

桐乃「や、やめてよ!やめてよおおおぉお!離してぇぇええっ!!」

桐乃「いやだぁいやだようぅぅ助けて!おかあさあんおかああさあああんん!!!!」

桐乃「おおおにぃちゃぁぁぁんだずげでぇぇぇぇ!!!!」

京介「桐乃、お兄ちゃんはここにいるぞ、安心しろっ」

桐乃「いやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:32:46.85:/weK0kDH0


桐乃「はっ!」

桐乃「・・・」キョロ

桐乃「・・・」キョロキョロ

桐乃「・・・ゆ、夢?」

桐乃「・・・」

コンコン

桐乃「!」

京介「おーい、おふくろが早く起きろってさ」

桐乃「ひっ!」

高坂「あ?なんかいったか?」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:35:38.41:/weK0kDH0


桐乃「な、なんでも、ないで・・・ないわよ・・・お、起きるわよ!」

京介「? おぉ・・・」

桐乃「夢・・・なの?」

桐乃「・・・」

桐乃「はぁぁぁあああ・・・あたしはなんつー夢を・・・!」

桐乃「ありえない、最悪・・・」

桐乃「・・・ちょっとエロゲひかえようかなぁ」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:38:02.70:/weK0kDH0


京介「いってきまーす」

桐乃「いってきま~す」

高坂母「はい、いってらっしゃい」


桐乃「・・・」チラッ

京介「・・・なぁ、なんか今日のお前変だぞ?どした?」

桐乃「! べ、別にぃ・・・」

京介「ふーん」

桐乃「ね、ねぇ・・・あたし、かわいい?」

京介「・・・はぁ?」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:42:27.58:/weK0kDH0


桐乃「な、なんでもないわよ!キモ!並んで歩かないでよ!」

京介「知るか!お前が近寄ってきたんじゃねーか!」

桐乃「はぁ~キモイキモイ♪シスコンの兄ってやっぱキモ~いっ!」

京介「おまえなぁ・・・」

桐乃「・・・へへっ・・・おにぃちゃん・・・」

京介「あ?なんかいったか?」

桐乃「なーんにも!あまりにキモすぎて幻聴でも聞こえたんじゃない~!」


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:46:25.36:/weK0kDH0





京介「・・・失礼します」

???「それで?」

京介「はっ、どうやら当人は夢だと思っているようです。計画通りです」

???「結構」

京介「常はいつもとかわりありませんが、『ツイスターゲーム』をきっかけに、ご主人様がお望みになられたとおりの桐乃が発現します」

???「ご苦労。褒美として、足を舐めさせてあげますわ・・・」

京介「ははぁ!ありがたき幸せ!!」ペロペロ

???「ふふ・・・ふふふ・・・」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:47:57.12:/weK0kDH0


あやせ「桐乃~」

桐乃「なに~あやせ?」

あやせ「今度、うちで、『ツイスターゲーム』しよっ♪」



おわり
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://2sslibrary.blog.fc2.com/tb.php/149-d9961a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。